本文

SDGs(持続可能な開発目標)の推進

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。

 

 

SDGsの17のゴール

 SDGsは以下のアイコンで示されているように、「貧困をなくそう(ゴール1)」や「飢餓をゼロに(ゴール2)」といった17のゴールが設定されています。

 それぞれの中には、そのゴールをより具体的に示した169のターゲットも設定され、ターゲットには、目標年限や対象、実施手段などが示されています。

 

 くわしくは外務省ウェブサイト(17のゴールと169のターゲット)をご覧ください(新しいウインドウが開きます)

SDGs

  

お問い合わせ

総務部 企画課 企画係
TEL: 0165-26-7791   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?