トップページ > 市民向け情報 > 住宅・水道・建築 > 建築 >建物を解体するときは
本文

建物を解体するときは

解体する前に…

 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)の施行により、解体前に「建設リサイクル法の届出」の提出が必要です。

※提出は解体する建築物の用途や規模によって異なります。

建設リサイクル法の届出について はこちらをご覧ください(新しいウィンドウで開きます)

 

 発注者(持ち主)は、次のようなことが必要です

 

1.元請業者より、分別解体等の計画について説明を受けてから契約をします。
※契約書には、分別解体方法、解体工事に要する費用及び再資源化に要する費用や、再資源化施設の名称等を明記する。

 

2.下記の書類を決められた提出日までに士別市役所都市整備課建築係まで提出してください。

対象規模 様式 関係法令 提出期限
床面積の合計
80平方メートル以上
分別解体の届出書
(ダウンロードはこちら)

 

建設リサイクル法

 

工事着手の
7日前
床面積の合計
10平方メートルを超える
建築物除却届
(ダウンロードはこちら)

 

建築基準法

 

工事着手前

 

3.解体終了後、元請業者より再資源化の完了報告(マニフェスト等の書類)を受けます。
※資産税の手続きも必要です。士別市市民自治部資産税係まで家屋滅失届書(ダウンロードはこちら)を提出してください。

  
関連情報
  

お問い合わせ

建設水道部都市整備課建築係
TEL: 0165-26-7801    Fax: 0165-22-1750 Mail:kentikukakari@city.shibetsu.lg.jp   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?