トップページ > 市民向け情報 > 生涯学習・文化 > 文化財 >「大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)」が国登録有形文化財(建造物)になりました
本文

「大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)」が国登録有形文化財(建造物)になりました

     

 国の文化審議会は、令和元年7月19日開催の同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、文部科学大臣に対して
「大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)」を登録有形文化財(建造物)として登録するよう答申しました。
 令和元年12月5日付けの官報告示を経て、正式に国登録有形文化財(建造物)となり、令和2年3月に文化庁か
ら登録プレートが届けられました。

 

   ○文化財概要
    名称:大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)
    所在地:士別市大通西1丁目1918-5他
    建設年代:昭和2年建設、昭和13年頃増築
    登録基準:「2 造形の規範となっているもの」
    特徴
     かつて士別屯田兵(とんでんへい)村と呼ばれた地区に建設した、代々建設業を営む旧家の住宅。
     主屋は昭和2年建築で、敷地西側中央に西面して建つ木造平屋建で、内部には応接室などの洋室を
     配す。和風民家への洋室導入の有り様を伝える上質な建物。

 

 外観内装

 

 

 

    

 
    
  
     

 

 

 

  ※「大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)」は士別市の所有ではなく、 個人の所有であり、現在、一般公開して
  おりません。無断で立ち入ることのないようよろしくお願いします。

 

 

 ◇登録有形文化財(建造物)とは

   文化財保護法に基づき、建設後50年を経過している建造物で、次のいずれかの基準にあてはまるものが対象とな
  ります。
   1 国土の歴史的景観に寄与しているもの
   2 造形の規範となっているもの
   3 再現することが容易でないもの

   登録有形文化財(建造物)について詳しく知りたい方は、文化庁のホームページをご覧ください。 

    文化庁ホームページ(外部サイト)

 

  

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 社会教育課
TEL: 0165-26-7308   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?