トップページ > 市政・組織情報 > 行財政 > 行財政改革・財政健全化 >事業アセスメントサイクル
本文

事業アセスメントサイクル

 

事業アセスメントサイクルの概要≫
 事業アセスメントサイクルは、限られた財源を有効活用し、効率的で効果的な行財政運営を行うため、行財政運営戦略実施計画に則った、新たな行政評価の仕組みとして実施するものです。

 

(1)施策アセスメント
   まちづくり総合計画における「基本施策」の達成状況や「行政課題」の確認などを4年に一度のローリング時に行ないます。

 

(2)事務事業アセスメント
   事務事業の目的に対する手法や手段を最適化するもので、
具体的な進め方としては、前年度の予算ヒアリングや予算査定のなかで、事業の必要性や費用対効果などに再評価が必要と認められる事業を中心に、企画課および財政課で事業の抽出を行い、これと併せて所管課自らが見直すべきと判断する事業の調査を行い、対象事業候補を選定します。

 その後、事業を所管する各課長ヒアリングを経て、庁内各部署の職員で構成する「行財政改革推進会議」、市政に関する識見を有する市民の皆様で構成する「行財政改革懇談会」に諮り、庁議における合議を経て、アセス対象事業を決定します。

 決定したアセス対象事業については、速やかに評価・検証作業を進め、関係団体との協議を経て確実に予算に反映させます。このサイクルを繰り返すことで、事務事業の最適化を図るものです。

 

≪令和3年度予算反映状況≫
事務事業アセスメントサイクルに基づく見直しの結果、次のとおり令和3年度予算に反映しました。 

 (単位:千円) 

 アセス対象事業

R3見直しの結果 R2予算  R3予算 削減額 削減率
事務事業 単年度見直し事業 11事業

廃止・完了 4事業
一部廃止  1事業
事業費削減 4事業
組替・統合 2事業

21,530 17,524 4,006 18.6%
複数年見直し事業  7事業 廃止    3事業
一部統合  3事業
見直し不可 1事業
259,132 251,843 7,289 2.8%

継続協議事業   6事業

廃止・完了 1事業
一部廃止  1事業
事業費削減 2事業
組替・統合 1事業
財源見直し 1事業
28,936 24,089 4,847  16.8%
 施設管理

 

アウトソーシング等 2施設 

 

108,596 101,873

6,723

6.2%

財政健全化実行計画に基づく見直し  

廃止    2施設
休止    2施設
運営見直し 15施設

352,175 317,931 34,244   9.7%
 合計  770,369 713,260 57,109   7.4%

 

 〇令和3年度予算反映状況(1)(364KB)(PDF文書)

 〇令和3年度予算反映状況(2)(149KB)(PDF文書)

 

 

 

≪令和2年度予算反映状況≫
事務事業アセスメントサイクルに基づく見直しの結果、次のとおり令和2年度予算に反映しました。 

 (単位:千円)

 アセス対象事業

 R2見直しの結果  R1予算  R2予算  削減額  削減率
事務事業  単年度見直し事業    11事業  一定の見直しを実施 9事業  11,917  7,551 4,366   37%
 予算反映に至らず  2事業

 13,759

13,979   ▲220

 ▲2%

 複数年見直し事業    7事業  一部見直し  268,224  259,132  9,092  3%
 継続協議事業      6事業  一部見直し  31,544 28,936  2,608  8%
 施設管理  アウトソーシングの検討 2施設  指定管理・管理委託の実施 2施設 126,231  108,596  17,635  14%
合計 24事業・2施設  451,675 418,194

 33,481

 7%

 

 〇令和2年度予算反映状況(231KB)(PDF文書)

  

お問い合わせ

総務部 財政課 財政係
TEL: 0165-26-7788   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?