トップページ > 市民向け情報 > 戸籍・住民登録・印鑑 >住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードへの旧氏の併記について
本文

住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードへの旧氏の併記について

 

 

住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できるようになりました。

       

 
 住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令が令和元(2019)年11月5日に施行され、本人からの
申し出に
 より、住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)を併記することができるようになりました。
   
 

・記載できる旧氏について

 ○旧氏を初めて記載する際には、任意の旧氏を記載可能
    ・一度記載した旧氏は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま記載が可能
    ・旧氏は、他市町村に転入しても引き続き記載可能
    ・記載できる旧氏は1人1つまで

 ○氏が変更した場合には、直前に称していた旧氏に限り変更可能

 ○旧氏の削除は可能だが、その後氏が変更した場合に限り、削除後に称していた
    旧氏の再記載可能 

 

 

 


・申請方法について 

必要書類

・戸籍謄本等(旧氏の記載されている戸籍から現在の氏が記載されている戸籍に至
る全ての戸(除)籍謄抄本)
・本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
・マイナンバーカード、通知カード(お持ちの方)

申請窓口

・市民課戸籍住民係(1階)
・朝日支所地域住民課住民福祉係
・上士別、多寄、温根別 各出張所



 


 



必要書類をお持ちいただき申請窓口までお越しください。
  

 

             詳しくは総務省HPをご覧ください。
             http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.html

 

 

 


     

  

お問い合わせ

市民自治部 市民課 戸籍住民係
TEL: 0165-26-7577   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?