トップページ > 市民向け情報 > 税金 > 軽自動車税 > よくある質問 >〔軽自動車税(種別割)〕トラクターなどの小型特殊自動車をお持ちの方は
本文

〔軽自動車税(種別割)〕トラクターなどの小型特殊自動車をお持ちの方は

 

■ 小型特殊自動車(トラクター・コンバイン・フォークリフトなど)の手続き


 
 軽自動車税(種別割)は毎年4月1日現在の所有者に課税されます。道路走行の有無に関わらず、小型特殊自動車(トラクター・コンバイン・フォークリフトなど)を所有している場合は課税対象となります。

 所有している車両が小型特殊自動車の規格に該当する場合、固定資産税(償却資産)として申告せず、軽自動車税として申告(ナンバー登録)をする必要があります。

 

 

【軽自動車税(種別割)の課税対象となる小型特殊自動車の規格(道路運送車両法施行規則第二条別表第一に規定する基準)】

 

区分
小型特殊自動車
農耕作業用
その他
車両の大きさ
全長
制限なし
4.7m以下
全幅
制限なし
1.7m以下
全高
制限なし
2.8m以下
総排気量
制限なし
制限なし
最高速度
時速35km未満
時速15km以下
構造
※1
※2
税額
2,400円
5,900円

 

※1(農耕作業用) ※2(その他)

・農耕トラクター

・農業用薬剤散布車

・コンバイン

・田植機

・国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

 

・フォークリフト

・タイヤローラ

・国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車

・国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車(林内作業車・草刈作業車)

 

  
関連情報
  

お問い合わせ

市民自治部税務課〔市民税係〕
TEL: 0165-26-7720(直通)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?