トップページ > 事業者向け情報 > 農業・畜産業 > 農業委員会 > 各種申請様式 >農地の相続等の届出について
本文

農地の相続等の届出について

○概要

改正農地法の施行(平成21年12月15日)に伴い、相続等により農地の権利を取得した場合には、その農地の所在する農業委員会への届出が必要となりました。

○対象者

相続(遺産分割及び包括遺贈を含む)、法人の合併・分割、時効等による農地又は採草放牧地の権利取得をした方。

○手続・申請

農業委員会に農地の相続等の届出書を提出して下さい。

○農業委員会の措置

・農業委員会は、届出がされた農地について、適正かつ効率的な利用が図られるかどうかをチェックします。
・農地の適正かつ効率的な利用が図られないおそれがあるときは、届出をした者に対し、第三者への農地の譲渡や貸し出しのあっせんなどを行います。

○その他・備考

これにより、相続等の農地法の許可を要しない権利取得について、その所在を農業委員会が把握できるようになり、農地の有効利用が図られます。

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

農業委員会事務局 総務課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?