トップページ > 市民向け情報 > 新型コロナウイルス情報 > 新型コロナウイルス情報 >マスク着用の考え方について(令和4年6月1日から)
本文

マスク着用の考え方について(令和4年6月1日から)

 国がマスク着用の考え方を明確化させたことを受け、本市の公共施設利用に際しての取り扱いを5月30日に、士別市新型コロナ感染症対策本会議を開いて決定しました。なお、決定後の取り扱い方法は下記のとおりです。

 

(1)基本的な感染対策「マスク着用・手指衛生・換気」は変わらない

(2)身体的距離が確保できないが、会話をほとんど行わない場合のマスク着用の考え方を明確化

(3)上記に沿った取り扱いについては、施設や利用の状況等に応じて、施設ごとに判断して運用する

(4)「マスク必要なし」とされている場面でも、自発的なマスク着用は妨げません

(5)夏場は熱中症防止の観点から、屋外で「マスク必要なし」の場面では、マスクを外すことを推奨する

(6)上記の取り扱いは、6月1日からスタートする。ただし、施設によっては、業界や団体が感染防止ガイドラインを定められている場合があり、そのガイドラインの改定を待って取り扱いを変更させる場合がある
(7)就学前の児童のマスク着用については、感染流行時の保護者等への影響を考慮し、現在の取り扱い(※)を継続し、体調や活動場面に応じて柔軟に対応する
  ※現在の取り扱い
   0・1・2歳児クラス→着用を要しない
   3・4・5歳児クラス→施設内に感染者が生じている場合において、可能な範囲で着用

 

屋外・屋内でのマスク着用について
  
ダウンロード
  
  
  

お問い合わせ

健康福祉部 保健福祉センター
TEL: 0165-22-2400   

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?