トップページ > 市民向け情報 > ペット >犬や猫の飼い主へ
本文

犬や猫の飼い主へ

   毎年、犬や猫に関する相談が寄せられます。全ての人が犬・猫好きとは限らないため、次のことを守り、周りの人に迷惑をかけないようにしてください。

 

●飼い主としての義務

 法令では、飼い主の義務が次のように定められています。

 ※猫は犬より法令で定められていることが少ないため、よりモラルを持って飼うようお願いします。

 

  1 最後まで責任をもって飼いましょう。
  2 犬を飼うときは市町村へ登録をして、「犬鑑札」の交付を受けましょう
    ※登録は犬1頭につき一回です。
  3 登録している犬の住所が変わったり、譲り受けたときは登録の変更手続きが必要です。
  4 犬が亡くなったときは、登録の消除手続きが必要です。
    ※3・4について、通知が返送されたり、飼養状況が確認できないときは、現状の調査を

      行います。
  5 狂犬病予防注射は毎年接種して、「狂犬病予防注射済票」以下、予防注射済票と言いま
     す。)の交付を受けましょう。
  6 猫は室内で飼うようにしてください。


 

  ◆法令で定める犬の手続きは、次のリンクを参照ください。
   「犬の法令で定める手続きについて

  ◆本市では、毎年5月中~下旬頃に狂犬病予防集合注射を実施しています。
   実施日程等は、市広報紙や「狂犬病予防集合注射について
でお知らせします。
 

 

●飼い主が守るべきルールとマナー 

 周りの人に迷惑をかけずに、ペットを飼うために次のことを守りましょう。

 

【犬の場合】

  ◆むやみに噛みついたり、吠えたりしないように「しつけ」ましょう。
  ◆「糞」は必ず飼い主が片付けましょう。
  ◆外で犬を飼うときや散歩に行くときは、必ず「首輪」リード」しましょう。
  ◆迷子になっても、すぐに飼い主を探せるよう犬鑑札」予防注射済票」を着けましょう。
   ※割り振っている番号で飼い主が探せます。

 

【猫の場合】

  ◆外に出すと、周辺の敷地や家庭菜園を荒らしたり糞尿をして、周囲に迷惑をかけます。また、喧
  嘩でケガをしたり、病気
をもらったり、望まぬ妊娠をすることがあるので、室内で飼いましょう
  ◆室内で飼うのはかわいそうではありません。猫は環境に慣れる動物です。外に出たくて鳴いてい
  ても慣れるまで待ちましょう。

   ストレス解消には、上下運動させることが効果的です。 
 

●ご注意ください。 

 犬や猫、その飼い主の行動が次に当てはまる場合は、責任を追及されることがあります。
 また、
本市条例に基づき処分することもあります。
  ◆犬や猫の糞を放置した。
  ◆周辺の人などに噛みついたり引っ掻いたりしてケガをさせた
  ◆人の所有物を傷付けたり敷地を荒らした。など
   ※あくまで一例です。
 

 

●野良猫について

 えさや寝床を与えていると飼い主と見なされます。その野良猫が上記の行動をした場合は、飼い主として責任を追及されることがあります。
 また、飼う気がないのに安易にえづけなどすることは、不幸な猫を増やすことにつながります。

 

●もう飼うことができなくなる場合

 犬や猫は、終生飼養(その命が終えるまで適切に飼うこと)が法令で義務付けられています。
 しかし、飼い続けることができなくなる場合は、次のところに相談ください。

 

  上川総合振興局 保健環境部環境生活課  電話:0166-46-5924

 

   ※上川総合振興局では次の事業を行っていますので、リンク先をご参照ください。

    リンク先【上川総合振興局HP:犬猫の飼い主さがしノート

【お問い合わせ先】

・市民自治部 自治環境課環境係   電話26-7734
・朝日支所  地域住民課住民福祉係 電話28-2121

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?