トップページ > 市民向け情報 > 税金 > 軽自動車税 >〔軽自動車税(種別割)〕農耕作業用トレーラーの課税について
本文

〔軽自動車税(種別割)〕農耕作業用トレーラーの課税について

 

 令和元年12月25日付け国土交通省告示第946号により、道路運送車両法施行規則別表第一に掲げる「国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車」に大型特殊自動車または小型特殊自動車でけん引する農耕作業用トレーラー(マニュアスプレッダ等)が指定されたことに伴い、道路運送車両法における構造要件や保安基準などの一定の要件を満たす場合に限り公道走行が可能になりました。

 

 〔リンク〕国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車を指定する件の制定について(国土交通省ホームページ)

 

 

 この改正により、一定の要件を満たし公道走行が可能な農耕作業用トレーラは、公道走行をするしないに関わらずナンバープレートの取得が必要です。

 

 

 該当する車両をお持ちの方や新規で取得された方は、忘れずにナンバー取得の手続き(軽自動車税(種別割)の申告)をしてください。 

 なお、該当する車両は軽自動車税(種別割)の課税対象となり、固定資産税(償却資産)の課税対象ではなくなります。

 ※償却資産申告書への記載方法は、申告書送付時にお知らせいたします。

 

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行ガイドブック(国土交通省)(649KB)(PDF文書)

農耕作業用トレーラをけん引する農耕トラクタの公道走行ガイドブック(479KB)(PDF文書)

  
関連情報
  

お問い合わせ

市民自治部 税務課 市民税係
TEL: 0165-26-7720   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?