トップページ > 市民向け情報 > マイナンバー制度 >マイナンバー(個人番号)通知カード廃止について
本文

マイナンバー(個人番号)通知カード廃止について

 マイナンバーの通知カードが、令和2年5月25日で廃止されます。

 廃止後の通知カードは、記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)が住民票と一致している場合、引き続きマイナンバーを証明する書類としてご利用いただけます。廃止後の取扱いは、以下のとおりです。

 

 

通知カードの発行について

 

・廃止日以降、新たな通知カードは発行されなくなります。出生等によりマイナンバー(個人番号)を新規で付番された方には、「個人番号通知書」が送付されます。この通知書は、マイナンバーを証明する書類としては使用できません。ご自身のマイナンバーを確認していただくための書類です。

・紛失等による通知カードの再交付ができなくなります。

 ※再交付が必要な方は、令和2年5月22日(金)までに、市民課(戸籍住民係)、各出張所、朝日支所で手続きをしてください。再交付手数料は一人につき500円かかります。

 

 

住所、氏名等の記載事項の変更について

 

 廃止日以降は、変更手続きができなくなります。変更が必要な場合は、令和2年5月22日(金)までに市民課(戸籍住民係)、各出張所、朝日支所で手続きをしてください。

 通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの記載事項が住民票と一致している必要があります。一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。

 

 

通知カード廃止後のマイナンバー(個人番号)の確認方法

通知カード廃止後の、マイナンバーを証明する書類は以下のものです。

 

・マイナンバー(個人番号)が記載された住民票

 ※窓口で交付申請書提出の際に、申し出てください。

  申し出のない場合は、マイナンバーは記載されませんのでご注意ください。

 ※別世帯の方のマイナンバーの記載された住民票は即日交付できません。

 ※手数料がかかります。

・マイナンバーカード

 ※申請から取得までに1~2ヶ月程度かかります。

・通知カード(氏名、住所等が最新のもので、住民票と一致している場合のみ)

  
関連情報
  

お問い合わせ

市民自治部 市民課 戸籍住民係
TEL: 0165-26-7577   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?