トップページ > 市民向け情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 >新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置等について
トップページ > 緊急情報 > 事業者の方へ >新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置等について
本文

新型コロナウイルス感染症の影響に係る固定資産税の軽減措置等について

 国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」により、令和3年度の課税から固定資産税の軽減措置が講じられます。
  

中小事業者が所有する償却資産および事業用家屋に係る固定資産税等の軽減措置


 厳しい経営環境にある中小事業者に対して、「令和3年度」課税の1年分に限り、償却資産および事業用家屋に係る固定資産税・都市計画税が軽減されます。(売上高の減少割合に応じて2分の1またはゼロ)

 

生産性革命実現に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長


 新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも新規に設備投資を行う中小事業者等を支援する観点から、固定資産税の特例措置の対象が拡充され、適用期限が令和4年度まで延長されます。

■詳しい手続きは、今後、ホームページと令和3年度償却資産申告の際にお知らせします。

  
リンク
  

市税の徴収猶予について


令和2年度の固定資産税については、申請により納付が1年間猶予されます。詳しくは、以下のページをご覧ください。

  
関連情報
  

お問い合わせ

市民自治部税務課 〔資産税係〕
TEL: 0165-26-7723(直通)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?