トップページ > 市民向け情報 >新型コロナウィルス関連肺炎にかかる注意喚起について
トップページ > 健康・福祉 >新型コロナウィルス関連肺炎にかかる注意喚起について
本文

新型コロナウィルス関連肺炎にかかる注意喚起について

現在、中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されており、厚生労働省では、必要な情報の収集・公表を行っているところです。

 

 

市民の皆様におかれましては、以下の内容に留意いただきますようお願いいたします。

  • 季節性インフルエンザと同様に、咳エチケットや手洗いなどの通常の感染症対策に努めてください。

 

  • 武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関に連絡したうえで、速やかに医療機関を受診してください。なお、受診にあたっては、武漢市に滞在歴があることを申告してください。

 

 

国内における発生状況

厚生労働省のページに最新情報が掲載されております。

 

 

感染経路

新型コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。

過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。

 

 

潜伏期間

潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。

 

 

予防法について

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いなどを行っていただくようお願いします。

【咳エチケットについて】

  • せきやくしゃみをするときは、他の人から顔をそらせましょう。
  • ティッシュなどで口と鼻をおおいましょう。
  • せきやくしゃみが出ている間はマスクをしましょう。
  • マスクは鼻と口を確実におおい、隙間ができたり、あごが大きく出ないように装着しましょう。

 

 

(参考)コロナウイルスとは

ヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。ヒトに感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMARS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。詳細は、国立感染症研究所ホームページを参照してください。

 

 

リンク集

○新型コロナウイルスに関連した肺炎について(北海道ホームページ)

○新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について(厚生労働省)

 

  

お問い合わせ

健康福祉部 保健福祉センター
代表: 0165-22-2400   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?