トップページ > 観光情報 > 観光情報 >天塩岳・天塩川魅力発信プロジェクト
本文

天塩岳・天塩川魅力発信プロジェクト

 

 西天塩岳・天塩岳


  市内には「天塩岳」や「天塩川」など、魅力あふれる広大で豊かな自然環境があります。市では2014(平成26)年度から、地域資源をいかしてブランド化を推進し交流人口の拡大を図るため「天塩岳・天塩川魅力発信プロジェクト」を推進しています。

 

■つくも水郷公園の再整備

 つくも水郷公園  つくも水郷公園は、旧河川敷地等を利用した約20.6ヘクタールの広さを誇る道北最大規模の総合公園です。
   2015(平成27)から2017(平成29)年度まで再整備を行いました。親水施設「つくもビーチ」の新設や市民協働による「池の水質向上」などを行い、誰もがくつろげる「憩いの広場」へとリニューアルました。
    また、SL塗装やゴーカートの更新、ジョギングコースやパークゴルフ場、管理棟なども整備しました。
 水郷公園
     

■天サイダーの商品化

 天サイダー

  士別翔雲高校総合ビジネス科との協働開発で、士別産砂糖(甜菜)と天塩川の水をブレンドした「天サイダー」(正式名:天塩川の水と士別産砂糖ビート(甜菜)オリゴでつくった天サイダー)を製品化しました。
 市内取扱店で好評販売中です。(1本180円)
●くわしい情報はこちら(内部リンク)

 天サイダー
     

■天塩川源流まつりの開催  (士別天塩川まつり・岩尾内湖水まつりの一体開催)

 天塩川まつり

 士別市は天塩川の源流を有するまちです。天塩川の恩恵により「農業」や「林業」を基幹産業として、まちが発展してきました。
 天塩川がもたらす恵みに感謝するとともに、地域の魅力を楽しむため、毎年夏に「岩尾内湖水まつり」「士別天塩川まつり」が開催されます。
また、河川敷で開催される花火大会は、間近で観覧できるため大迫力です。 

岩尾内湖水まつり 
     

■天塩岳登山道の整備

 天塩岳

 道立自然公園の天塩岳(標高1557.6メートル)は、北海道北部に位置する北見山地の最高峰です。
 数多くの高山植物が自生しており、ナキウサギの生息地としても有名です。
 シーズンには、2,000人を超す愛好家が訪れます。登山者の利便性向上のため、年次的に連絡道やヒュッテの整備などを実施しています。
●山開きは、毎年6月第1週の日曜日です。

 山開き
  ■パンフレットデータ  
   岩尾内湖パンフ 天塩岳パンフレット  
  岩尾内湖(317KB)(PDF文書)  天塩岳 (317KB)(PDF文書)  

■岩尾内湖白樺キャンプ場の環境整備

 キャンプ場

 岩尾内湖畔のキャンプ場は、芝生サイトへ車で自由に乗り入れできます。(バンガローの利用は有料)白樺に囲まれた自然の中で湖を眺めながらゆったりとした時間の流れが楽しめます。
 市では、利用者のため管理棟や周辺整備に努めています。
●くわしくはこちら(内部リンク) 

 キャンプ場テントサイト
     

■士別の水商品化

 士別の水

 天塩川から取水した水をボトリング化し、「士別の水」を販売中です。クリアで飲みやすく、市民をはじめ自動車試験研究で士別を訪れる方や合宿関係の方などからも好評です。
    
●士別の水(500ミリリットル)⇒1本100円(税込み・販売元は士別イン翠月(株)) 

 士別の水・天サイダー

 

天塩川

 

  

お問い合わせ

総務部 企画課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?