トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 >麻しん(はしか)にご注意ください
トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保険 >麻しん(はしか)にご注意ください
本文

麻しん(はしか)にご注意ください

 札幌市から、7月24日外国を旅行した道民が帰国後、麻しん(はしか)を発症したとの届け出がありました。

 この届け出に基づき、道が継続的に調査をしていたところ、不特定多数の方と接触した可能性がある施設を訪れていたことが判明しました。

 当該患者と接触した方は麻しんに感染する可能性が高いことから、次のとおり情報提供を行います。

 

1.不特定多数の方と接触した可能性がある施設

(1)当該患者が利用した施設と時間帯

   施設名:イオン札幌発寒店

   所在地:札幌市西区発寒8条12丁目1番地

   感染の可能性のある時間帯:7月16日(月) 17時~23時

 

 この時間帯に施設を利用しており、発熱、発疹等の症状から「麻しん」が疑われる場合は、医療機関に「麻しんかもしれない」ことを事前に連絡の上、必ずマスクを着用し、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共機関等の利用を控えてください。

 

★旅行の際には、事前に麻しんの予防接種歴を確認し、2回の接種が行われていない場合は予防接種を受けましょう。

★また、接種歴が不明な場合は病院で抗体検査を受け、抗体があるか確認をしましょう。

 

○ 麻しんに感染すると

麻しんに感染すると、約10日~12日間の潜伏期のあと、発熱や咳、鼻水などの風邪に似た症状がみられます。その後数日すると、顔面や首から全身に広がる発疹が現れます。発熱などの症状がでる1日前から熱が下がってから3日後までは他の人に感染する力があります。感染経路は主に、飛まつ感染、空気感染、接触感染です。

重症化すると、肺炎や脳炎、中耳炎などの合併症を引き起こすことがあることから、注意が必要です。

 

○ 麻しんは感染力が非常に強い感染症です

麻しんは感染力が非常に強く、抗体を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症するといわれています。

このため、麻しんを疑うような症状がでたときは、学校や仕事を休み、医療機関を受診してください。なお、受診の際には、事前に医療機関へ電話で連絡をし、マスクを着用して受診してください。

 

○ 麻しんを予防するため予防接種を受けましょう

予防接種を受けることで、麻しんに対する抗体をつけることができます。

定期予防接種の対象者は無料で接種を受けることができますので、必ず予防接種を受けましょう。

 

※麻しん定期予防接種の対象者はこちら

 

また、定期予防接種の対象者以外の方で、これまで麻しんにかかったことのない方や予防接種を受けたことがない方につきましては、自費で予防接種を受けることができますので、かかりつけの医療機関へご相談ください。

 

○ リンク

・厚生労働省のHPへ

  

お問い合わせ

保健福祉部 健康長寿推進室 保健福祉センター
代表: 0165-22-2400   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?