トップページ > 市民向け情報 > ごみ・環境 > ごみの分別と収集 >医療系廃棄物について
本文

在宅医療系廃棄物について

 

 最近、家庭から出されたごみ(家庭系収集ごみ)の中に、『点滴パック』・『注射針』などの医療系廃棄物が混じっている事例が多発しています。

ちゅうしゃばりいんしゅりんちゅうしゃちゅうしゃきてんてきばっく

 

 これらの廃棄物は、収集や選別作業の際に事故に繋がる恐れがあるだけではなく、再資源化できないものとなります。

 

 在宅医療で生じた廃棄物については次のとおり取り扱い願います。

 

 ◎針が付いている物(注射針等の鋭利な物)は、『感染性廃棄物』となります。掛かり付けの医療機関へ持ち込んでください(市では収集・運搬・処分は出来ません)。

 

 ◎針が付いていない物(その他の非鋭利な物)は、可能な限り、掛かり付けの医療機関への持込をお願いします。

 

 ◎なお、医療機関へ持ち込めない場合については『プラマーク等の有無』に関わらず、『一般ごみ』で出してください。

 

 ※各医療機関から出た『医療系廃棄物』は、市では受入できません。

  

お問い合わせ

市民部環境センター
代表: 0165-23-0022    Fax: 0165-23-0044   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?