トップページ > 市民向け情報 > 防災・国民保護 > 防災 >弾道ミサイル落下時の行動等について
トップページ > 市民向け情報 > 防災・国民保護 > 国民保護 >弾道ミサイル落下時の行動等について
本文

弾道ミサイル落下時の行動等について

 最近の国際情勢の変化の下、近隣国から発射された弾道ミサイルが、日本に飛来する可能性があります。その際には以下の点に留意のうえ、落ち着いて行動してください。

 

■弾道ミサイル落下時の行動について

 

〇弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 

〇メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

 ・近くのできるだけ頑丈な建物などに避難する。

 ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

 ・できるだけ窓から離れる。

 ・窓のない部屋があれば、その部屋へ移動する。

 

■国民がとるべき行動について、「国民保護ポータルサイト」に掲載されましたので、あらかじめご確認ください。

 

内閣官房「国民保護ポータルサイト」(新しいウインドウで開きます)

  

お問い合わせ

総務部 総務課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?