トップページ > 市民向け情報 > 税金 >〔都市計画税〕収入額と使い道
トップページ > 市民向け情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 >〔都市計画税〕収入額と使い道
本文

〔都市計画税〕収入額と使い道


 

都市計画税は都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用にあてるために、目的税として課税されます。

課税の対象となる資産は、都市計画法による都市計画区域のうち用途地域内に所在する土地および家屋です。

固定資産税とあわせて納めていただきます。
 

■ 収入額と充当事業

都市計画税収入額 

平成28年度 約9,800万円

 

都市計画税充当事業

都市計画事業名

 内容  決算額 財源内訳
 国道支出金 地方債

一般財源

街路整備(交付金)事業

都市計画道路の3・5・15
西広通改良事業

 1億5,000万円

9,400万円 4,600万円 33,700万円

うち都市計画税
 9,800万円

公共下水道事業
特別会計操出金

公共下水道事業特別会計に
対する操出し
 2億4,800万円    

公債費(都市計画事業分)

都市計画事業における借入金
(市債)に対する償還

 7,600万円

   

 


  

  

お問い合わせ

市民部税務課 〔資産税担当〕

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?