トップページ > 事業者向け情報 > 農業 > 農業政策 >農地中間管理事業
本文

農地中間管理事業

 農地中間管理事業とは

 農地の集約化及び遊休農地の解消を図ることを目的に、農地中間管理機構である(公財)北海道農業公社が中間的受け皿となり、農地を貸したい人から公社が農地を借り受けて、農地を借りたい人に貸し付けを行う事業です。

 

 

事業の実施地域

 対象地域は、士別市の農業振興地域です。

 

農地を借りたい方

 現在、募集を終了しています。

 

農地を貸したい方

 農用地等の貸付申出を募集しています。

 募集受付期間:随時

 ※公社による現地確認があり、農地の状態によっては借受できない場合もあります。

 

  貸付希望申出書(18KB)(エクセル文書)

  

関係機関ホームページ

 http://www.adhokkaido.or.jp/chukankikou/nc_kikotoha.html 

 リンクは、別ウィンドウ(新しいウィンドウ)で開きます。

  

※本事業は農地利用の高度化及び効率化を図るため、平成26年3月1日に農地中間管理事業の推進に関する法律が施行されました。これにより、都道府県ごとに農地中間管理機構を指定すること及び事業を推進するための措置等が定められ、北海道においては公益財団法人北海道農業公社が農地中間管理機構に指定されました。本市では、公益財団法人北海道農業公社より農地中間管理業務の一部について業務の委託を受け、事業を行っています。

 

  

お問い合わせ

経済部農業振興課
代表: 0165-23-3121(内線2364)    Fax: 0165-22-2478   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?