トップページ > 市政・組織情報 > 公共施設 >公共施設マネジメントの取り組み
本文

公共施設マネジメントの取り組みについて

○公共施設マネジメントの必要性、今後の取り組み

士別市では、全国の自治体と同様に、高度経済成長期を中心に整備した多くの公共施設が、改築や大規模改修の時期を迎えることから、今後、更新等に関する経費は大きな財政負担となることが予想されます。

また、人口減少や少子高齢化の進行、市民ニーズの多様化により、公共施設に求められる役割も大きく変化してきており、将来需要を見通した公共施設のあり方についても、改めて見直さなければならない時期を迎えていることから、市が保有する公共施設の今後のあり方における基本的な考え方や、公共施設の適正な維持管理(保全、修繕、建替え等)や再編(複合化、統廃合、民間活用等)における基本的な方策を示し、将来世代に負担を残さないために、公共施設の最適化、効率的・効果的な管理運営の実施、財産の有効活用などが必要です。

このため、本市では、平成26年度から、公共施設マネジメントに取り組み、平成28年度内の公共施設マネジメント基本計画(公共施設等総合管理計画)策定に向け、公共施設白書の作成や基本方針の策定を行い、次期総合計画検討市民委員会での議論、市民アンケートの実施、パブリックコメントの実施も交え 、市民のみなさんと一緒に本計画を策定していきます。

 

 

○公共施設白書について(平成28年3月作成)

本市では、平成27年度に全公共施設を対象として実施した公共施設現況調査の結果を、士別市公共施設白書としてまとめました。

白書概要版及び本編中第1章~第3章は、次からダウンロードできます。この他、詳細な資料等については士別市役所本庁舎1階の情報公開コーナー等に配架しておりますので、下記までお問い合わせください。

 

○問い合わせ先

士別市役所 総務部財政課
TEL:0165-23-3121(内線2216)  E-mail:zaiseika@city.shibetsu.lg.jp

  
ダウンロード
  

○公共施設マネジメント基本方針について(平成28年5月作成)

本市では、平成27年度に作成した「公共施設白書」のとおり、今後、多くの公共施設で老朽化が進み、建物の大規模修繕や建替えが集中的に発生することが見込まれます。また、公共施設の量や求められる役割などが大きく変化している状況から、将来の人口推計などを見据えた公共施設のあり方の検討が必要です。

今後は、時代の変化に対応し、市民が必要とするサービスを将来にわたって、持続的に提供できる取り組みを進めていくため、公共施設マネジメント基本方針を策定しました。

 

方針は次からダウンロードできます。なお、士別市役所本庁舎1階の情報公開コーナー等にも配架しておりますのでご覧ください。

  
ダウンロード
  

○公共施設のあり方に関するアンケート調査の結果について(平成28年7月作成)

本市では、平成28年5月に策定した「公共施設マネジメント基本方針」に基づき、公共施設のあり方についての検討を進めており、市民のみなさまから幅広い視点での意見をいただきたく、平成28年5月27日から平成28年6月17日の期間で、アンケート調査を実施しました。

アンケート調査票は、16歳以上の市民を対象として、市内全域で2,000枚を配布し、802枚の提出をいただきました。(回収率40.1%)

市民のみなさま、ご協力ありがとうございました。

公共施設のあり方を検討するうえで、今回の調査結果も踏まえ、引き続き議論を進めます。

 

調査結果は次からダウンロードできます。なお、士別市役所本庁舎1階の情報公開コーナー等にも配架しておりますのでご覧ください。
 

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

総務部 財政課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?