トップページ > 事業者向け情報 > 公共事業の入札・契約 >中間前払金制度の導入について
本文

中間前払金制度の導入について

 

 士別市では、建設業者への資金供給の円滑化を図るために、平成28年4月1日から、発注工事の当初前払金に加え、建設工事請負代金の「中間前金払制度」を導入します。

 

 

1.制度の概要

 

 中間前金払制度については、前金払を受けた建設工事の請負契約において、一定の条件を満たしている場合であれば、当初の前払金(契約金額の4割)に追加して、さらに契約金額の2割を中間前払金として受け取ることができる制度です。

 

 

2.中間前金払の対象

 

 当初契約金額が300万円以上かつ工期が60日以上の工事とします。

 なお、この中間前金払制度は、部分払制度との併用はできません。部分払の対象となる工事においては、契約締結時に受注者が中間前金払との選択を行うことになり、部分払を当初に選択した場合、その後に中間前金払を請求することはできません。(債務負担行為等に係る継続工事の年度末に行われる部分払を除く。)

 

 

3.中間前金払の要件

 

  次の要件の全部を満たしていることが必要です。

 

(1)工期の2分の1を経過していること。

(2)工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。

(3)既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負代金額の2分の1以上の額に相当するものであること。

 

 

4.中間前払金の請求方法

 

 中間前払金を請求する前に、上記3の要件に該当することを確認します。

 

(1)受注者は、「中間前金払認定申請書」(様式第1号)及び「工事履行報告書」(様式第2号)を提出します。

(2)士別市は、工事履行内容等を確認して受注者に「中間前金払認定通知書」(様式第3号)交付します。

(3)受注者は、認定交付された「中間前金払認定通知書」により、保証事業会社に対して中間前払金保証の申し込み行います。

(4)保証事業会社は、書類確認等の審査を行った後、中間前払金保証証書を受注者に発行します。

(5)受注者は、請求書に「保証証書」を添付し、士別市に中間前払金を請求します。

(6)士別市は、当初の前払金に追加して、中間前払金(契約金額の2割)を受注者の指定する金融機関に振り込みます。

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

総務部 財政課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?