本文

個人番号カード

個人番号カードは、希望する方のみ交付を受けられる顔写真付きのセキュリティに優れたICカードです。

 

個人番号カードを取得するメリットには、主に次のようなものがあります。

1.マイナンバーを証明する書類として利用できます。

2.公的な身分証明書として利用することができます。

3.電子証明書による行政手続きのインターネット申請が可能になります。

 

また、個人番号カードは転出先の市区町村でも継続して使用することができます。

(注) 転出先の市区町村窓口で継続利用手続きが必要です。

 

手数料は?

初回発行手数料は無料です(電子証明書発行手数料も含む)。

 

有効期限は?

有効期限は発行から10回目の誕生日まで

(20歳未満の方は容姿の変化が大きいため、発行日から5回目の誕生日まで)

(注)電子証明書は発行日から5回目の誕生日まで

 

個人番号カード申請のながれ

個人番号申請フロー(PDF:75KB)

 

 

個人番号カード受け取りに必要な書類は?

 

 下記の必要な持ち物をお持ちになり、交付通知書(はがき)に記載された交付場所に期限までにご本人がお越しください。

(注)15歳未満の者又は成年被後見人には、その法定代理人が同行してください。

 

交付通知書(はがき)

市役所から本人宛に送付されます。          

通知カード

個人番号カードと引き換えのため回収いたします。

本人確認書類

(15歳未満の者又は成年被後見人に同行する法定代理人も同様に必要)

下記の本人確認書類一覧の中から、Aを1点またはBを2点

代理権の確認書類

(15歳未満の者又は成年被後見人の法定代理人のみ)

15歳未満の者の法定代理人の場合

・戸籍謄本等の資格を証明する書類

ただし、「本籍地が士別市であり、法定代理人であることを確認できる場合」または、「士別市に住民登録している者で、申請者と法定代理人が同一世帯かつ親子関係にある場合」は戸籍謄本等の資格を証明する書類は省略できる。

 

成年後見人等の場合          

・成年後見人等だと確認できる書類

 

住民基本台帳カード

(お持ちの方のみ)

個人番号カードと引き換えのため回収いたします。

 

ご本人が病気、身体の障がいその他やむをえない理由により、交付場所にお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます

 

代理人が受け取る場合

交付通知書(はがき)

市役所から本人宛に送付されます。

通知カード

個人番号カードと引き換えのため回収いたします。

ご本人の本人確認書類

下記の本人確認書類一覧の中から、Aを2点またはAとBを1点ずつ、またはBを3点(うち写真付き1点以上)。

代理人の本人確認書類

下記の本人確認書類一覧の中から、Aを2点またはAとBを1点ずつ。

代理権の確認書

法定代理人の場合

・戸籍謄本等の資格を証明する書類

ただし、「本籍地が士別市であり、法定代理人であることを確認できる場合」は戸籍謄本等の資格を証明する書類は省略できる。

 

成年後見人等の場合

・成年後見人等だと確認できる書類

 

その他の場合

・委任状等、ご本人が代理人を指定した事実を確認できる資料(交付通知書の委任状の欄に記入することで足りる)

住民基本台帳カード

(お持ちの方のみ)

個人番号カードと引き換えのため回収いたします。

ご本人の出頭が困難であることを証明する書類

(例)診断書、本人の障がい者手帳、本人が施設に入所している事実を証明する書類

 

 

本人確認書類一覧

住民基本台帳カード(写真付きに限る)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

Aをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める書類

(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、預金通帳、医療受給者証など

 

 

  

お問い合わせ

市民部 市民課 戸籍住民担当
代表: 0165-23-3121(内線2102)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?