トップページ > 市民向け情報 > 文化・芸術 > 博物館 >特別展・テーマ展
本文

特別展・テーマ展

士別市立博物館では、1年を通して様々な特別企画展や季節のテーマ展、博物館の収蔵資料を展示する臨時企画展を開催しています。

 説明をする学芸員

また、一般の方が自身の作品を気軽に発表することのできるミニ個展の開催も行っています。

 

興味のある方は、ぜひお気軽に博物館へお問い合わせください。

 

 

 

 

特別企画展「松浦武四郎天塩川踏査160年記念展」

 

「北海道」の名付け親としても知られる幕末の探検家武四郎。武四郎の直筆書簡や、天塩日誌・東西蝦夷山川地理取調図など江戸時代に出版された刊本・地図資料など、豊富な実物資料を通して、武四郎の蝦夷地探検の様子と、流域の人々の暮らしや文化を支えた原始の天塩川の姿を紹介します。

 

【展覧会情報】

共催 士別市立博物館、名寄市北国博物館

協力 三重県松阪市松浦武四郎記念館、北海道博物館、札幌市中央図書館

開催期間   7月29日(土)~10月1日(日)※毎週月曜日が休館。ただし9/18(月・祝)は開館し、翌9/19(火)が振替休館。

会場 士別市立博物館特別展示室

観覧料 高校生以上100円(20人以上の場合、1人80円)、中学生以下無料

その他:当館での会期が終了後、10月7日(土)~10月29日(日)に名寄市北国博物館で巡回展示。

 

【特別企画展関連事業「松浦武四郎フォーラム」 】

日時 8月6日(日)13:30~17:00 ※ 13:00開場

会場 士別市生涯学習情報センターいぶき 市民ギャラリー (入場無料)

内容 第一部「史料から読み取る、武四郎の人物像」(13:30~15:00)

(講師): 山本 命 (松浦武四郎記念館学芸員)

      三浦 泰之 (北海道博物館学芸員)

休憩「アイヌ文化の伝統食の紹介と体験」(15:00~15:30)

(講師):竹内 明美(アイヌ文化アドバイザー)

第二部「天塩川を核としたまちづくり」座談会(15:30~17:00)

(コーディネーター):髙瀨 英雄(松浦武四郎記念館元館長)

パネリスト:加藤 剛士(名寄市長、テッシ・オ・ペッ賑わい創出協議会会長)

        川口 精雄(中川町長)

        安川 登志男(士別市教育委員会教育長)

申込先:士別市立博物館(0165-22-3320)

 

特別企画展「松浦武四郎天塩川踏査160年記念展」ポスター(1MB)(PDF文書)
 

 

 

 ミニ個展について

  

お問い合わせ

教育委員会-博物館 (電話・FAX:0165-22-3320)

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?