トップページ > 市民向け情報 > マイナンバー制度 >マイナンバー制度
本文

マイナンバー制度

 

 

 マイナちゃん

平成27年10月からマイナンバーが記載された 「通知カード」が届きます!

 

 

マイナンバー制度は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するため、国が進める社会基盤(インフラ)です。

 

マイナンバーとは

平成27年10月から、住民票を有するすべての方に1人1つ通知される12桁の番号です。

     

通知カード

 各市区町村から、住民票に登録されている住所あてにマイナンバーが記載された『通知カード』が郵送されます。

 

マイナンバー(個人番号)カード

平成28年1月から、希望される方はマイナンバー(個人番号)カードの交付を受けることができます。
マイナンバー(個人番号)カードは本人確認のための身分証明書として利用できるほか、ICチップに搭載された電子証明書を用いて各種電子申請を行うことができます。 

 

マイナンバー制度のメリット  

1.利便性の向上
申請時に必要な、住民票などの書類の添付を省略できるようになります。

2.公平・公正な社会の実現
行政が国民の所得や行政サービスの受給状況を把握しやすくなり、適正な給付やきめ細かな支援を行えるようになります。 

3.行政の効率化
行政機関・地方公共団体などで業務の連携が進み、作業の無駄が削減され、手続きがスムーズに行えるようになります。 

   

マイナンバーはどのような場面で使用するのか

平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の分野において、法令で定めた行政手続きに利用できます。
 

社会保障

災害対策

・年金の資格取得や確認、給付
・雇用保険の資格取得や確認、給付
・ハローワークの事務
・医療保険の申請手続きなど
・福祉分野の給付、生活保護など

・税務当局に提出する確定申告、届出書、調書などに記載

・税務当局の内部事務など

・被災者生活再建支援金の支給
・被災者台帳の作成事務など

 

  マイナンバーについての注意点

1.マイナンバーは、法律で定められた目的以外に提供することはできません。

2.マイナンバーを不正に入手したり、マイナンバーを取り扱う方が、マイナンバーや個人の秘密が記録された個人情報ファイルを他人に不当に提供したりすると、処罰の対象になります。

 

 

マイナンバーについて詳しくは下記の「内閣官房」のホームページへ

内閣官房ホームページへのリンク

 

 

個人番号カードについて詳しくは下記のホームページへ

 

・個人番号カード総合サイト

 

 

マイナンバー制度のお問い合わせは

マイナンバー総合フリーダイヤル 

                      マ    イ    ナン  バー

  0120-95-0178(無料)    

●「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答え
 します。

●音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

 

・平日9時30分から22時まで ・土日祝9時30分から17時30分まで
(年末年始12月29日から1月3日を除く)

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
 ・マイナンバー制度に関すること          050-3816-9405
 ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること  050-3818-1250

 

※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
 ・マイナンバー制度に関すること          0120-0178-26
 ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること  0120-0178-27
 
(英語以外の言語については、平日9時30分から20時までの対応となります)

 

  

お問い合わせ

市民部 市民課 戸籍住民担当
代表: 0165-23-3121(内線2102)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?