トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 障がい >障がいのある方への主な公共料金の割り引き・減免
トップページ > 市民向け情報 > 福祉 > 障がい者福祉 >障がいのある方への主な公共料金の割り引き・減免
本文

障がいのある方への主な公共料金の割り引き・減免

ページ内目次

鉄道旅客(JR)運賃の割り引き・減免

 下記の場合、鉄道旅客(JR)運賃の割り引きを受けられます。

区分 割り引き乗車券の種類 割引率
身体障害者手帳、療育手帳に記載されている「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」が第1種である身体に障がいのある方と介護者(1人)が同時に利用する場合 普通乗車券
定期乗車券
(小児定期券を除く)
回数乗車券
(自動車線を除く)
急行券
(特急券は割り引きなし)
5割(自動車線定期券は3割)

「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」が第2種である身体に障がいのある方が単独で利用する場合

普通乗車券
(JR及び連絡する鉄道自動車航路が片道100キロメートルを超えるもの)
5割
12歳未満の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」が第2種である身体に障がいのある人の介護者(1人)が利用する場合 定期乗車券 5割

問い合わせ先

 詳しくはJR駅窓口でご確認ください。

お問い合わせ先 住所 電話番号
JR士別駅 士別市西3条8丁目 0165-23-2736

バス・電車運賃の割り引き

 鉄道旅客(JR)と同様の扱いですが、乗車距離や障がいによる制限はありません。
 なお、札幌市地下鉄の運賃については、身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は、割り引き率5割です。乗車券は、子ども用を購入してください(手帳の提示を求められることがあります)。
 また、バスについては、精神保健福祉手帳をお持ちの方についても一部対象になります。詳しくはバス会社にお問い合わせください。

フェリー運賃の割り引き

 下記の場合、フェリー運賃の割り引きを受けられます。

身体障害者手帳・療育手帳に記載の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」
第1種 第2種
本人と介護者はおおよそ5割引 本人のみおおよそ5割引

 割り引き対象サービスについては各社事業所でご確認ください。

タクシー運賃の割り引き

 下記の対象者は、タクシー運賃の割り引きを受けられます。

対象者 身体障害者手帳もしくは療育手帳の交付を受けている方
割り引き内容 手帳の提示により、料金が1割引(原則として本人および付き添い1人)
備考 「乗り合い福祉タクシー」など、乗る人が限定されていて料金が低く設定されているものは割り引きにはなりません。

航空運賃の割り引き

 下記の場合、航空運賃の割り引きを受けられます。

身体障害者手帳・療育手帳に記載の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」
第1種 第2種
本人と介護者が割り引き 本人のみ割り引き

 割り引き率は航空会社によって異なりますので、各航空会社にお問い合わせください。
 航空券購入の際、身体障害者手帳、療育手帳の提示が必要です。

有料道路通行料金の割り引き

 下記の対象要件に該当する場合、有料道路通行料金の割り引きを受けられます。

対象要件 ・身体障害者手帳をお持ちの方が自分で運転する場合
・介助者が運転し、重度の障がいのある方(身体障害者手帳に記載されている「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額の区分」が第1種である方)が同乗する場合
・介助者が運転し、療育手帳の障がいの程度がAの方が同乗する場合
割り引き額 通常料金の半額
申請に必要なもの

・身体障害者手帳もしくは療育手帳
・自動車検査証
・運転免許証(障がいのある本人が運転する場合)

※ETCご利用の方は、ETCカード(本人名義)、ETC車載器の管理番号が確認できるものも必要になります。

申請先 士別市役所 福祉課
備考 手帳の備考欄に、
 ア.割り引き対象であること
 イ.車のナンバー
 ウ.割り引き有効期限(最大2年間で、更新の必要があります。)
の記載をします。

NHK放送受信料の減免

 下記の世帯はNHK放送受信料が全額免除または半額免除されます。

ア 全額免除

対象者 適用条件
生活保護受給世帯
身体障害者手帳をお持ちの方がいる世帯 世帯構成員全員が市民税非課税の場合
知的障がい者と判定された方がいる世帯
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯
社会福祉事業施設入所者 社会福祉法に規定する社会福祉事業を行う施設に入所され、自らテレビを持ち込まれている方。

イ 半額免除(下記に該当する世帯主が受信契約者の場合)

対象者 適用条件
視覚・聴覚障がい者 視覚障がいまたは聴覚障がいにより、身体障害者手帳をお持ちの方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の身体障がい者 身体障害者手帳をお持ちで、障がい等級が重度(1級または2級)の方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の知的障がい者 重度の知的障がい者と判定された方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の精神障がい者 精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、障がい等級が重度(1級)の方が、世帯主で受信契約者の場合
重度の戦傷病者 戦傷病者手帳をお持ちで、障がい程度が特別項症から第1款症の方が、世帯主で受信契約者の場合

手続きの方法

 手続きは障害者手帳、印鑑をお持ちの上、市役所福祉課で所定の用紙に署名を受けた後、NHKへ提出してください。

参考ページ

 詳しくはNHKホームページの「放送受信料の免除について」をご覧ください。 NHK受信料の窓口-放送受信料の免除について(新しいウィンドウで開きます)

郵便料金の減免

 ア.点字郵便物および盲人用録音郵便物が、3kgまで無料扱いとなります。
 イ.心身障害者用冊子小包郵便物、聴覚障害者用小包郵便物および盲人用点字小包郵便物が、3kgまで冊子小包料金の半額扱いになるなどの減免があります。
 詳しくは、各郵便局へおたずねください。

携帯電話料金の割り引き

 携帯電話各社に基本料金などの割り引きがあります。詳しくは、各社・営業所へお問い合わせください。

水道料金等の軽減

 下記の世帯は水道料金が軽減される場合が有ります。

対象者(1,2、3のいずれか) (1)重度の障がいのある人(身体障害者手帳1、2級の人)がいる世帯 (1)、(2)、(3)共通
市民税が非課税および均等割のみの課税世帯
(2)療育手帳の障がいの程度がA判定の人がいる世帯
(3)精神障害者保健福祉手帳所持者がいる世帯
お問い合わせ先 士別市役所 建設水道部水道課
  

お問い合わせ

保健福祉部 福祉課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?