トップページ > 暮らし > 上下水道 >第59回下水道の日
本文

第59回下水道の日

「下水道 見えないしごとに 金メダル」

 

 毎年9月10日は「下水道の日」です。今年は「下水道 見えないしごとに 金メダル」 のスローガンのもと実施されます。

 「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率: 6 %)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、国や関係団体が協議し、「全国下水道促進デー」として始まり、2001年(平成13年)に現在の「下水道の日」に改められました。また、9月10日と定められましたのは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによるものです。
    

 下水道は、家庭などで汚した水を下水処理場できれいにしてから川や海に戻します。
 このように、水をきれいにし大切にすることで、自然環境を守っています。
 士別市の公共下水道は、昭和36年より建設を開始し総事業費約215億円を投じ現在まで706.7haを整備し、水洗化率は98.7%となったところです。
 また、川に放流する水の安全性を高めるため建設当初から整備した合流管地区では、雨水と汚水とを別々の管で処理する分流化事業を継続実施し、整備計画面積149.2haのうち現在まで69.2haを整備しました。
 今後とも地域の環境を守るため、下水道の基盤強化に向け努力を重ねて参りますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 

 

 また、下水道の日にちなみ、日本水道新聞社主催の「下水道いろいろコンクール」が実施しています。

 

 絵画・ポスター部門、作文部門、標語部門、書道部門、新聞部門といった5つの部門で下水道に関する作品を募集していますので、皆様の沢山のご応募をお待ちしております。

 

応募締め切り日:令和元年10月31日(木)※当日消印有効

 

送り先・お問い合わせ

日本水道新聞社 下水道いろいろコンクール係

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-9

電話番号:03-3264-6724

  
  
  

お問い合わせ

建設水道部 施設管理課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?