本文

特定健康診査

  生活習慣の変化等によって、近年、日本人の糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、これらを原因とする死亡率は、全体の3分の1にも上ると推計されています。
 平成20年4月から始まった生活習慣病予防のための健診・保健指導等を積極的に活用し、健康管理にお役立てください。

 

 
◆特定健康診査

   特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、次の項目が基本となります。
 

 基本的な項目

 1.質問票(服薬歴・喫煙歴等)

 2.身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)

 3.血圧測定

 4.理学的検査(身体診察)

 5.尿検査(尿糖・尿蛋白)

 6.血液検査
  ・脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
  ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  ・肝機能検査(AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GPT)



 

 一定の基準の下に、医師が必要と認めた場合に実施される「詳細な健診の項目」は、次のとおりです。

 詳細な健診の項目

 1.心電図
 2.眼底検査
 3.貧血検査 (赤血球・血色素量・ヘマトクリット値)


 

 

◆健康診査の受診方法
  40~74歳の方には、各医療保険者(国民健康保健・協会けんぽ・全国土木建築国民健康保険組合・各種共済組合等)が、加入者(被保険者・被扶養者)に対して実施することになります。
  勤務先または加入している医療保険機関へお問い合わせください。 

 


  ◎士別市国民健康保健に加入している方の関連情報は、次のとおりです。

    1.士別市国民健康保険の特定健診・特定保健指導について
    2.士別市国民健康保険の人間ドックについて
    3.士別市国民健康保険のがん検診について 

  

お問い合わせ

保健福祉部 健康長寿推進室 保健福祉センター
代表: 0165-22-2400   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?