本文

生ごみの出し方

◆生ごみ

生ごみは「生ごみ専用指定袋」に入れて、出してください。

 

 

生ごみ専用指定袋

生ごみ

 矢印

 生ごみ専用指定袋

専用指定袋は3リットル、6リットル、12リットルの3種類です。

※小袋を2重にしたり、新聞紙などで包まないでください。
※紙製の水切り袋、紙製のコーヒーフィルターは、そのまま入れてもかまいませんが、ビニール製や不織布などのネット、フィルターは絶対に入れないでください。
※生ごみ専用指定袋はカラス対策が施されていますが、今までどおりカラス対策をお願いします。

 

生ごみの水切りのお願い

生ごみの堆肥化には、水切りが重要なポイントになります。生ごみを出すときの水切りをお願いします。

腐敗・悪臭の防止

生ごみの腐敗・悪臭の主な原因は、生ごみに含まれる水分です。
生ごみの水分をよく切ることで、腐敗・悪臭を抑制することができます。

処理コストの抑制

堆肥の発酵を促す微生物が好む環境は、水分率が65%程度です。
生ごみの85%程度が水分ですので、65%に下げるためには、もみ殻が必要になります。
水分率が高いと、その分多くもみ殻が必要になることから、水分をよく切ることが、もみ殻の使用量を減少させコストの抑制につながります。

良質な堆肥の製造

生ごみの水分率が低いと適切な発酵環境の調整が容易で、発酵が促進します。水分が高いと発酵が遅れ、悪臭を放つ原因になります。

 水切りイメージ

 

出せる生ごみ = 堆肥の原料になるもの

農産物

畜産物

水産物

野菜、果物、野菜や果物の皮、芯など

 農産物

豚肉、牛肉、鶏肉、卵の殻など      

 畜産物

エビ殻、アサリ貝殻、魚の骨・内臓など

 水産物

食品加工物

その他

ご飯、パン、菓子など

食品加工物

 

調理・食品くず

調理食品くず

 

 

出せない生ごみ = 堆肥化に不向き、処理機械の故障原因

生ごみでないもの

大きく硬い骨・貝殻・種

割り箸、水切りネット、タバコなど

割り箸など

機械設備を損傷させる恐れがあります。破砕しにくく堆肥の原料には適していません。

硬い骨など

 

醤油・塩・味噌など

液体物

塩分が高いものは、堆肥の原料には適していません。ただし、調理残し、食べ残しに含まれるものは、生ごみとして出せます。

調味料

堆肥製造には、水分率の調整が重要になります。水分が多いと適切に発酵しないため、堆肥の原料には適していません。

液体物

医薬品

剪定枝・草・花

医薬品を入れると、微生物の活動が阻害され、悪影響を及ぼすことから、絶対に出さないでください。

医薬品

 

破砕などの前処理が必要なことから、受け入れることができません。

剪定枝など

 

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

市民部 環境生活課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?