トップページ > 市民向け情報 > 戸籍・住民登録・印鑑 > 住民登録 >外国人住民の方についても住基ネットの運用が始まりました
本文

外国人住民の方についても住基ネットの運用が始まりました

2013年7月8日から、外国人住民の方についても住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)の運用が開始されました。これに伴い、住基カードの交付を受けることができるようになります。なお、住基ネットの運用開始にあたって外国人住民の方が行う手続きはありません。
 

住民票コード通知票をお送りします。

  外国人住民の方の住民票に住民票コードが記載され、その住民票コードをご本人に通知します。住民票コードは住基ネットにおいて本人情報の確認を行うために必要不可欠な、無作為の11桁の番号です。一部の行政手続きで住民票コードの記載を求められることがありますので、住民票コード通知票は大切に保管してください。

 

住基ネットの運用が開始され、主に次のことができるようになりました。

 

・一部の行政機関で、住民票の写しの提出の省略が可能となるなど、手続きが簡略化されます。
・お住まいの市区町村以外でも住民票の写しの交付を受けることができます。 (住基カードまたは在留カード等の提示が必要です)
・住基カードの交付を受けている方は、転入届の特例が受けられ、郵送等により転出届を行うことで、引越しの手続きで市区町村の窓口に出向くのは、引越し先の一度で済むようになります。
・住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続きのインターネット申請ができるようになります。

 

「住基ネット」って何ですか?


住基ネットは、住民の方々の利便性の向上等に資するため、住民基本台帳をネットワーク化した全国共通の本人確認ができるシステムです。
 

「住基カード」って何ですか?


住基カード(住民基本台帳カード)は、セキュリティに優れたICカードで、写真付の住基カードは公的な身分証明書としても使えます。住基カードの申請方法や料金については、住民基本台帳カードのページをご確認ください。

  

お問い合わせ

市民部 市民課 戸籍住民担当
代表: 0165-23-3121(内線2102・2104)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?