トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 予防接種 >子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチン予防接種について
本文

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチン予防接種について

 平成25年4月から定期接種になった子宮頸がん予防接種に関して、同年6月14日付で厚生労働省から、「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について」の勧告がありました。


 その概要は、「現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。」というものです。


 接種を見合わせた場合の対応などについては、「国で速やかに検討する」とのことであり、今後の情報に応じて随時お知らせしてまいりますが、市民のみなさんには、新聞等の情報にもご注意くださるようお願いいたします。


 具体的な内容については、本ページ下のダウンロードファイル「子宮頸がん予防ワクチンの予防接種を受ける皆さまへ」(リーフレット)をご覧ください。

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

保健福祉センター、朝日総合支所内保健師
代表: 0165-22-2400、0165-28-2121   

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?