トップページ > 観光情報 > 移住・二地域居住 >ちょい田舎暮らし体験
本文

ちょい田舎暮らし体験

ちょい田舎暮らし

士別市短期移住体験住宅

 

 士別市では、田舎暮らしを希望される方に、5日~2ヵ月間程度、田舎(士別)での生活を体験していただくために「短期移住体験住宅」をご用意しています。
 自然体験をしたり、散歩したり、近隣観光の拠点としたり、一日中ボ~っとしたり・・・・使い方は自由です。
 ご夫婦で、ご家族で、お仲間で・・・士別市での田舎暮らしを体験してみませんか。


 

■平成28年度 「ちょい田舎暮らし」体験募集のお知らせ

 

 平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日までのご滞在分)の「ちょい田舎暮らし」体験住宅の利用について、随時を受け付けしています。

 

     ※予約状況はこちらをご覧ください_(125KB)(PDF文書)

 

 予約のない期間については、随時受け付けていますので、お問合せください。

      (掲載内容:平成28年5月27日現在)

    

  1 応募要件

    ・当市への移住や二地域居住をご検討されている方
     

    ・5日以上2ヵ月以内で利用可能な方
     

    ・1名での利用も可能です。ペットの同伴はお断りしています。

     

2 お申込み方法

    ・体験申請書に必要事項を記入の上、郵送、FAXまたはメールで、士別市移住相談ワンストップ窓口あてご応募ください。

    ・体験申請書はこちらからダウンロードできます。

     

     

    体験申請書 Word(30KB)

      ※ご応募にあたりアンケートへの記入にもご協力願います
     

     

    ○募集要項  PDF(273KB)

 

 

 

 

 

●お問合せ先  士別市移住相談ワンストップ窓口

 
  士別市総務部企画課(担当:小山、坂本)

    〒095-8686 北海道士別市東6条4丁目
         TEL 0165-23-3121(内線3445・3446)
         FAX 0165-22-1934
         E-maill kikakuka@city.shibetsu.lg.jp
     

 

 


 

■所在

A棟・B棟:士別市朝日町中央4029番地 (朝日町市街地にあります) 

C棟1号室・2号室:士別市上士別町16線南2号(上士別町市街地にあります)

 


 

■体験期間

  5日間(4泊5日)以上、2ヵ月以内 


 

■体験住宅間取り・写真

   A棟(朝日地区)    B棟(朝日地区)     C棟1・2号室(上士別)

   A棟写真(クリックすると、間取りと室内写真をご覧いただけます) B棟写真(クリックすると、間取りと室内写真をご覧いただけます)    C棟1号室・2写真(クリックすると、間取りと室内写真をご覧いただけます)

     ※ 画像をクリックすると間取り、室内写真のページが開きます 


 

■体験住宅の借用料金

 

 A棟(朝日地区)

夏季

1泊2日(2人まで)

1,700円

 1人増えるごとに1泊200円加算

冬季

1泊2日(2人まで)

2,000円

 1人増えるごとに1泊200円加算

※ 上記料金は、2人までの料金です。

※ 夏季は5月から10月まで、冬季は11月から4月までの期間になります。

 

  B棟(朝日地区)

夏季

1泊2日(2人まで)

2,000円

 1人増えるごとに1泊200円加算

冬季

1泊2日(2人まで)

2,300円

 1人増えるごとに泊200円加算

※ 上記料金は2人までの料金です。

※ 夏季は5月から10月まで、冬季は11月から4月までの期間になります。

 

 棟1号室・2号室(上士別地区)

夏季

1泊2日(2人まで)

900円

 1人増えるごとに1泊200円加算

※ 上記料金は2人までの料金です。

※ C棟1号室・2号室については、5月から10月までの利用期間となります(夏季期間のみ貸付)

 

 


 

■主な住宅設備

 

  A棟(朝日地区)

  □居 間  洋室8帖、ソファー、テレビ、食卓テーブル、灯油ストーブ

  □台 所  ガスレンジ、灯油式給湯器、電子レンジ、炊飯器、冷蔵庫、食器・鍋類

  □風 呂  温水シャワー付き

  □トイレ   水洗式(公共下水道接続)

  □寝室等  1階に和室2部屋、2階に和室2部屋

  □その他  全自動洗濯機、掃除用具(掃除機等)、下駄箱、寝具2組、インターネット回線

    

 B棟(朝日地区)

  □居 間  洋室18帖、ソファー、テレビ、食卓テーブル、座テーブル、灯油ストーブ

  □台 所  ガスレンジ、灯油式給湯器、電子レンジ、炊飯器、冷蔵庫、食器・鍋類

  □風 呂  温水シャワー付きユニットバス

  □トイレ   水洗式(公共下水道接続)

  □寝室等  1階に和室2部屋、2階に和室3部屋

  □その他  全自動洗濯機、掃除用具(掃除機等)、下駄箱、寝具10組、インターネット回線

 

 C棟1号室・2号室(上士別地区)

  □居 間  洋室8帖、ソファー、テレビ、座テーブル、灯油ストーブ

  □台 所  ガスレンジ、灯油式給湯器、電子レンジ、炊飯器、冷蔵庫、食器・鍋類

  □風 呂  温水シャワー付き

  □トイレ   水洗式(公共下水道接続)

  □寝室等  和室2部屋

  □その他  全自動洗濯機、掃除用具(掃除機等)、寝具2組

 

 


 

■その他

 

  □

 食事の材料、指定ゴミ袋、洗面・入浴具、タオル、洗剤、トイレットペーパー等消耗品は、ご自分でご用意いただくこととなります。ご利用前に必ずご確認願います。

 

  □

 ペットの同伴はご遠慮ください。

 

  

  


 

■ご利用の手順

 

 (1)担当窓口に連絡

 

 【士別市移住相談ワンストップ窓口:士別市企画課 TEL 0165-23-3121】

 移住体験住宅の空き状況を確認してください。

 貸付期間は5日(4泊5日)以上2ヵ月以内です。

 

 (2)体験申請書の提出

 

 士別市「ちょい田舎暮らし」体験申請書に必要事項を記入、押印の上、士別市移住相談ワンストップ窓口まで郵送、FAXまたはメールで提出してください。

 

    移住相談ワンストップ窓口【士別市総務部企画課】
      〒095-8686 北海道士別市東6条4丁目1番地
             TEL:0165-23-3121
             FAX:0165-22-1934
             E-mail:kikakuka@city.shibetsu.lg.jp

 

 (3)貸付許可書の交付

 

 士別市長から士別市「ちょい田舎暮らし」体験許可書が交付されます。

 

 (4)契約の締結 

 

 利用開始日当日、受付窓口で『士別市「ちょい田舎暮らし」体験住宅定期賃貸契約書』を締結していただきます。
 当日は、身分を証明できる書類(運転免許証、保険証など)と印鑑を持参してください。

 

 (5)借用料の納付 

 

 契約締結後、借用料を前納していただきます。

 

 (6)鍵の受取

 

 受付窓口(市役所企画課または、朝日総合支所地域住民課)で鍵をお渡しします。

 

 (7)鍵の返還 

 

  退去される時間をあらかじめお知らせください。担当者が点検に伺いますので、その際、鍵を返還していただきます。

 

 


 

■注意事項

 

 □借受者の遵守事項

 

(1)

 留守や就寝時に施錠するなど体験住宅を善良に管理すること。また、鍵を紛失したときは、速やかに市長にその旨を報告すること。 

 

(2)

 火気の取扱いに注意するとともに、冬期間にあっては、水道の凍結防止に配慮すること。 

 

(3)

 備付けの備品、什器類を適切に取り扱うこと。

 

(4)

 体験者は、体験住宅周辺や体験住宅内を適正に管理するとともに、草刈りや通路の除雪等住環境の整備をすること。 

 

(5)

 ごみを決められた分別ルールに従い排出すること。

 

(6)

 退去する際に室内の清掃をし、直ちに体験住宅の鍵を市長に返却すること。 

 

(7)

 その他体験住宅の借用に関し市長が必要と認める事項 

 

 □借受者の禁止事項

 

(1)

 許可した者以外を同居させること。

 

(2)

 物品の販売、寄附の要請その他これに類する行為を行うこと。

 

(3)

 就業すること。

 

(4)

 興行を行うこと

 

(5)

 展示会、その他これに類する催しを開催すること。

 

(6)

 文書、図書、その他の印刷物を貼付又は配布すること。

 

(7)

 宗教の普及、勧誘、儀式その他これに類する行為をすること。

 

(8)

  近所の住民に迷惑を及ぼす行為をすること。  

 

(9)

 体験住宅の全部又は一部を転貸し、又は権利を譲渡すること

 

(10)

 犬、猫等の動物を飼育すること。ただし、身体障害者補助犬等で市長の承諾を得た場合は、この限りでない。

 

(11)

 その他体験住宅の借用にふさわしくない行為をすること。 

 

 □損害賠償

 

 

体験者は、故意又は過失により体験住宅及び設備を破損、汚損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない事由により、市長が特に認める場合は、この限りでない。

 


 

■住宅位置図


【朝日地区A棟・B棟】

 

  
   大きな地図で見る

 

 

【上士別地区C棟1号室・2号室】

 

  
   大きな地図で見る

 

 

 

 

 

 

 

  

お問い合わせ

総務部 企画課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?