トップページ > 市民向け情報 > ごみ・環境 > 環境 >カラスの営巣について
本文

カラスの営巣について

 

 カラスは3月から7月頃に繁殖期をむかえます。この時期のカラスは、巣作りから子育てが終わるまでは外敵に対する警戒心が非常に強くなり、 特に産卵後から子ガラスの巣立ちまでの期間(5月~7月頃)は、威嚇行動が増える傾向にあります。

 

繁殖期の分類
 

 ・ 3月~4月

巣材を運び、巣作りをする時期

karasu1

 ・ 4月~5月

産卵し、卵を温める時期

 ・ 5月~6月

卵が孵化し、ヒナを育てる時期

 ・ 6月~7月

子ガラスの巣立ち時期



○巣を作り始めた場合は

 カラスは巣を作り始めると、巣材を運び飛び回るようになります。この時期に威嚇行動をとる事は、ほとんどありません。

※ カラスは枝や葉が生い茂った、外敵から身を守れる場所に巣を作る事が多いため、庭木の剪定等を行う事で、巣作りを減少させる事が出来ます。


○対策については

 1 産卵前に巣を除去してしまい、カラスに子育てをさせない方法があります。

2 何気なく巣を見上げただけでも、威嚇される場合があります。巣を見つけた場合は出来るだけ近づかないようにしましょう。

3 帽子をかぶったり、傘を開くなどし、威嚇や攻撃から身を守る方法もあります。


○巣の除去については

原則として土地の所有者・管理者が対応することになりますが、 人に危害を与える危険性がある場合は市役所市民部環境生活課までご連絡ください。巣が街路樹や電柱などにある場合は下記の連絡先にご連絡ください。
 

 

1 街路樹・公園

建設水道部 施設維持センター

電話 23-2251

2 電 柱

ほくでん名寄営業所

電話 01654-3-2131

3 小・中学校の敷地内

教育委員会 学校教育課

電話 23-3121

4 事業所

各事業者

 

 個人の住宅敷地内に作られたカラスの巣のご相談については

                           市民部環境生活課 環境係 電話 23-3121

  

 

 

su



 


 

 



カラスは、本来攻撃的な鳥ではありません。卵やヒナを守るために威嚇行動をとります。

  野生動物ですので許可無く殺傷・駆除することは禁じられています。

  鳥獣の保護等又は、卵の採取等の許可については市役所経済部農業振興課畜産係(23-3121)にご相談ください。

 

 

karasu2

 

  

お問い合わせ

市民部 環境生活課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?