トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 高齢・介護 >高額な外来診療を受ける方のお支払い方法の変更等について
トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 後期高齢者医療制度 >高額な外来診療を受ける方のお支払い方法の変更等について
本文

高額な外来診療を受ける方のお支払い方法の変更等について

 

■ 高額な外来診療を受ける皆さんへ

 

 平成24年4月1日から外来診療における高額療養費の取扱いが変更となり、 「減額認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)」などを提示することで、外来診療でも窓口で一定額以上支払う必要がなくなります。

 

 

これまで

高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただいていました。

4月1日から

限度額を超える分は、窓口で支払う必要がなくなります。

(同一医療機関に限ります)

 

 

 

◆ 必要な手続きについて

 

1 非課税世帯等の方

必要な事前手続き

病院・薬局などで提示するもの

「減額認定証をお持ちでない方」は、

事前に市役所窓口で交付の申請が必要です

「保険証」と 「減額認定証」

を提示してください

 

 

2 非課税世帯等ではない方

必要な事前手続き

病院・薬局などで提示するもの

事前の手続きは、特に必要ありません

「保険証」を提示してください

 

 

● 病院・薬局などで提示した場合の

 ひと月あたりの窓口負担限度額

区分

外来受診の

窓口負担限度額

現役並み所得者 

44,400円

一般

12,000円

減額認定証

交付対象者

区分2

8,000円

区分1

● 減額認定証の交付対象となる方

 (次の区分1または区分2に該当する方です) 

区分2

・ 世帯全員が住民税非課税である方

区分1

 

 

世帯全員が住民税非課税である方のうち、次のいずれかに該当する方

・ 世帯全員の所得が0円の方

公的年金収入のみの場合、その受給額が80万円以下の方

・ 老齢福祉年金を受給されている方

 

 

 なお、非課税世帯等で減額認定証を窓口に提示しない方は従来どおりの手続きとなります。

(高額療養費の支給申請をしていただき、支払った窓口負担と限度額の差額を後日支給します。)

 

 

 

■ お問い合せ先

 

北海道後期高齢者医療広域連合 電話 011-290-5601

士別市役所市民課給付担当    電話 0165-23-3121 内線2108・2109

朝日総合支所地域住民課     電話 0165-28-2121 内線15

 

 

 

■ 関連リンク

 

北海道後期高齢者医療広域連合

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?