トップページ > 市民向け情報 > 健康・医療・保険 > 国民健康保険 >国保の限度額適用認定証の適用範囲を拡大
本文

国保の限度額適用認定証の適用範囲を拡大

 これまで、70歳未満または70歳以上で市道民税が非課税の方が入院する場合、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することで、入院時の窓口の支払いが自己負担限度額で済むようになっていましたが、平成24年4月1日から高額な外来診療分についても適用されることとなりました。
 詳細については、下記の「士別市国民健康保険に加入されている方へのお知らせ」をダウンロードしてご覧ください。

※入院診療のために限度額適用認定証、または限度額適用・標準負担額減額認定証をすでにお持ちの方については、4月1日以降、外来診療分も適用となりますので、改めて申請していただく必要はありません。
 
 
なお、手続きなどくわしい内容については、加入されている健康保険組合や全国健康保険協会、国保組合、共済組合までお問い合わせください。

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

市民部 市民課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?