トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 結婚・離婚 >国民年金加入の各種届出
トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 逝去 >国民年金加入の各種届出
トップページ > 市民向け情報 > 国民年金 >国民年金加入の各種届出
本文

国民年金加入の各種届出

 

 国民年金の加入の種別は、就職、退職、結婚などのさまざまな場面で変更になることがあります。

 種別が変わるときに届け出をしないと、加入記録はつながりません。届け出忘れにご注意ください。

 

 

 

第1号被保険者

自営業、学生、無職で、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人は、第1号被保険者となります。

第1号被保険者になるときは、市役所に届け出てください。

 

 

 

● 第1号被保険者になるとき

・ 20歳になったとき

(注)厚生年金・共済組合に加入しているときは、市役所への届け出は不要です。

・ 退職したとき

・ 配偶者の扶養からはずれたとき

・ 20歳以上60歳未満の人が日本国内に住所を有することとなったとき

 

 

第1号被保険者でなくなるとき

・ 就職して厚生年金・共済組合の加入者になったとき

・ 厚生年金・共済組合の加入者と結婚し、扶養されるようになったとき

・ 60歳になったとき

・ 日本国内に住所を有しなくなったとき

 

 

 

 

第2号被保険者

厚生年金・共済組合に加入している65歳未満の人は、第2号被保険者となります。

第2号被保険者になるときは、勤務先に届け出てください。

 

 

 

 第2号被保険者になるとき

・ 就職して厚生年金・共済組合の加入者になったとき

 

 

第2号被保険者でなくなるとき

・ 退職したとき

 

 

 

 

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養される配偶者で20歳以上60歳未満の人は、第3号被保険者となります。

第3号被保険者になるときは、配偶者の勤務先に届け出てください。

 

 

 

● 第3号被保険者になるとき

・ 厚生年金・共済組合の加入者と結婚し、扶養されるようになったとき

・ 年収が減少(または退職)し、厚生年金・共済組合の加入者である配偶者に扶養されるようになったとき

・ 配偶者が就職して厚生年金・共済組合の加入者となり、配偶者に扶養されるようになったとき

 

 

● 第3号被保険者でなくなるとき

・ 配偶者が退職したとき

・ 年間収入が130万円以上に増えたことによって扶養からはずれたとき

(注)年間収入には、雇用保険(失業保険)の給付金や、年金収入も含まれます。

・ 離婚したとき

・ 配偶者が死亡したとき

・ 60歳になったとき

・ 配偶者が65歳になったとき

 

 

▼ 問合せ

士別市役所(市民課国民年金担当) 電話 0165-23-3121

朝日総合支所(地域住民課) 電話 0165-28-2121

 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?