トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 逝去 >未支給年金の給付
トップページ > 市民向け情報 > 国民年金 >未支給年金の給付
本文

年金受給者が亡くなったときの手続き

未支給年金の給付

 

 未支給年金とは、年金を受けている人が亡くなったときに、その人に支払われるはずであった未払いの年金のことです。

 

年金は、亡くなった月の分まで支払われますので、必ず未支給年金が生じます。

 

未支給年金の給付は、亡くなった人と生計を同じくしていた遺族が請求し、一時金として支給されます。

 

生計を同じくしていた遺族がいない場合でも、年金の死亡届を提出する必要があります。

この届出が遅れますと、年金を多く受け取りすぎて、後で返さなければならなくなることがあります。

 

 

例えば、7月18日に亡くなった場合の未支給年金は・・

 

生存中に支給された最後の年金は6月15日支給の4月分、5月分(注)となりますので、未支給年金は、6月分から亡くなった月の7月分まで計2ヵ月分となります。

 

(注)年金は、偶数月の15日(土曜日、日曜日等で金融機関が営業していない場合は、その前日)に、前2ヵ月分が支払われることになっています。

 

 

このような人が請求できます

亡くなった方と生計を同じくしていた遺族で、次の順位で請求できます。

 

1.配偶者 2.子 3.父母 4.孫 5.祖父母 6.兄弟姉妹 7.その他3親等内の親族

 

同順位者が2人以上いる場合は、そのうちの誰かが代表して請求します。

なお、遺族には年齢の制限はありません。

 

 

手続き先・お問合せ

士別市役所(市民課国民年金担当) 電話 0165-23-2131

朝日総合支所(地域住民課) 電話 0165-28-2121

 

(注)未支給年金の請求の他に、遺族厚生年金の請求をされる場合、手続き先は年金事務所となります。

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?