トップページ > 市民向け情報 > 上下水道 > 上下水道 >家庭油、灯油・重油の下水道への流下防止
本文

家庭油、灯油・重油の下水道への流下防止

 

家庭油

 

家庭油を下水道には流さないでください!

下水道に流された油は下水道管に付着し、つまりや悪臭の原因になります。

また、大雨が降ったときには、付着して固まった油がまとまってはがれ落ち、オイルボールとなって川や海に流れ出ます。

オイルボールとは豆粒ぐらいの大きさから30センチほどの大きさの物まである油の塊です。

油を安全に川や海に返すためには、コップ1杯の油だと約60トン(お風呂の浴槽200杯分)の水を必要とします。

市では、使い終わった油の回収を行っています。(詳しくはこちら

回収ができない場合は紙などで拭き取って一般ゴミとして捨ててください。

 

灯油・重油

 

灯油や重油を下水道へ流さないでください。

下水道へ灯油や重油が流れると次のような弊害が生じます。

・下水処理場で汚水を処理している多くの微生物が死滅してしまいます。

・住宅などの排水口から油臭が上がり、他の家庭に大変な迷惑をかけることがあります。

・下水処理施設に甚大な被害を与え、回復するには多額の費用と時間がかかります。

※灯油・重油を下水道に流すと、修復費用は(河川に流れると100万円以上)は全て流した原因者に請求されますので、十分注意してください。

 

 

  

お問い合わせ

建設水道部 上下水道課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?