トップページ > 市民向け情報 > 税金 > 納税 >〔納税〕納税と滞納
本文

〔納税〕納税と滞納

 

 

■ 自主納税と納期限をお守りください

 

 
 市税の納付は、「定められた期限内」に「定められた税額」を自ら納めていただく制度となっています。
 市税は、地域の環境整備をはじめとし、教育・医療・福祉の充実など、快適な市民生活を営む上で欠くことのできない貴重な自主財源です。納期内納付をお守りください。
納期限を守りましょう
 
 
■ 納期限を過ぎると・・・
 
 定められた納期限までに納税をされないと「滞納税」となり延滞金を納めることになります。また、滞納整理には多大な費用を要するために、市の財政にとっても大きな損失となります。万が一滞納となった場合には、早期に納付を済まされますようお願いします。
 
督促状の送付
 納期限までに市税を納付されない場合、納期限後20日以内に督促状を送付し納税を促します。
 
延滞金
 本税が納期限内に納付されない場合は延滞金が加算されます。本税の納期限の翌日から起算して、完納するまでの期間の日数に応じ、その未納にかかる本税の額に年14.6%(納期限の翌日から1ヵ月を経過するまでの期間は年7.3%)の割合を乗じて計算した金額です。ただし、低金利状況に合わせ、当分の間、延滞金の割合の特例(特例基準割合)が定められています。
 
 
特例基準割合に基づく延滞金の割合の経過 
期間 7.3%部分 14.6%部分
平成11年12月31日以前  7.3%  14.6%
平成12年1月1日~平成12年12月31日  4.5%
平成13年1月1日~平成13年12月31日  4.5%
平成14年1月1日~平成18年12月31日  4.1%
平成19年1月1日~平成19年12月31日  4.4%
平成20年1月1日~平成20年12月31日  4.7%
平成21年1月1日~平成21年12月31日  4.5%
平成22年1月1日~平成25年12月31日  4.3%
平成26年1月1日~平成26年12月31日  2.9%  9.2%
平成27年1月1日~平成28年12月31日  2.8%  9.1%
平成29年1月1日~平成29年12月31日  2.7%  9.0%
平成30年1月1日~平成30年12月31日  2.6%  8.9%

 

 

■ さらに滞納したままにしておくと・・・
 
 納税相談の来庁を促す催告書を発送します。納税相談のご案内にも応じることなく、さらに滞納が続くと、大切な市税の確保と納期限までに納付された方との公平を保つため、やむを得ず滞納している方の財産(不動産、動産、給与、預貯金など)を調査し、差押えをする場合があります。 滞納するとどうなるの?
 
催告
 督促状を送付しても納付がされない場合には、市役所から催告書を送付したり、ご自宅やお勤め先などへのお電話や直接訪問するなどの催告を行います。
 
差押え
 法律上は督促状を発送して10日を経過した日までに完納しない場合は、本人に対して、事前の連絡や同意がなくても差押えなければならないとされています。

 

 

■ 納税相談について

 

 失業や病気など様々な事情によりお困りの場合は、ご遠慮なくご相談ください。皆様の生活実態に即した納税計画について相談をお受けします。

 お仕事の都合などで開庁時間内に来庁が困難な方のために、夜間納税相談窓口も開設しています。詳しくは税務課納税担当までお問い合わせください。

  

お問い合わせ

市民部税務課納税担当
代表: 0165-23-3121   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?