トップページ > 事業者向け情報 > 農業 > 農業政策 >士別市農業奨励賞
本文

平成29年度 士別市農業奨励賞

 

 

 

【目的】
   士別市農業奨励賞は、創意工夫をもって生産性と技術の向上に努めるなど、農業経営に対する意欲的な取り組みや地域における積極的な活動が他の模範と認められる農業者や生産組織等を顕彰するものです。

【受賞者】
  平成29年度は、山岸 智治氏、きたごりんファームさんが受賞されました。

【受賞理由】

●山岸 智治氏

 平成2年高校卒業後、家業の酪農業に従事し、平成16年に経営を継承し、良質粗飼料の生産・給与を基本とし、1頭当たりの個体乳量向上と良質乳生産を出荷することで、より収益性の高い酪農経営を実践しております。フリーストール牛舎やロータリーパーラー施設を取得し大規模経営による経営改善及び乳牛管理への集中化を図り、安定的な搾乳体制を確立する等、酪農関係者から絶大な信頼を得ている。

 北ひびき乳牛検定組合の理事・監事や士別酪農組合代表監事、(有)ディリーサポート士別運営委員や士別市立武徳小学校PTA会長を務める等、酪農生産者をはじめとして、地域のおいても人望・信頼を得ている。

 

●きたごりんファームさん                                            (構成員:五十嵐 広司氏、五十嵐 紀子氏、北岡 賢司氏、北岡 琴枝氏、鈴木 淳一氏、鈴木 具子氏)     

 実際に農作業を体験してもらい、手間をかけることで農業の大変さや、より良い物が収穫できることを感じてもらい、生産者と消費者の距離を近づけたいとの思いで体験農園の取組みを開始し、5月下旬から9月下旬までの期間、適宜管理指導し、参加者自らが管理を行っている

 参加者には市の博物館、地元の士別東高校の生徒も参加しており、収穫物を使った豚汁と、新米のおにぎりで交流収穫祭も実施している。

 士別市グリーン・ツーリズム、北海道のふれあいファームの認定も受けており、さらにはH29年度からは福祉活動にも取り組み、社会福祉法人士別愛成会「るんべる」に参加を呼びかけている。併せて上士別米のPRも実践している。

 

 

 

 

記念撮影

 

 

 

山岸 智治氏

 

きたごりんファーム 五十嵐代表

 

  

お問い合わせ

士別市経済部農業振興課
代表: 0165-23-3121(内線2364)    Fax: 0165-22-2478   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?