トップページ > 市民向け情報 > 子育て支援 > ひとり親家庭に対する制度 >母子・父子・寡婦福祉資金
本文

母子・父子・寡婦福祉資金

 

 この貸付金は、「母子及び父子並びに寡婦福祉法」の法律に基づき、ひとり親家庭等の経済的自立を助け、扶養している児童の福祉を増進することを目的に、北海道より貸し出される資金です。目的に応じて以下の12種類があります。
 

貸付の種類

貸付対象

貸付限度額

貸付利率

 

事業開始資金

 

事業を開始するために必要とする経費

2,830,000円

無利子
※有利子の場合もある

 

事業継続資金

 

現在営んでいる事業を継続するために必要な経費

1,420,000円

無利子
※有利子の場合もある

 

修学資金

 

高校・大学・専修学校等に就学させるための必要経費

高校27,000円/月額   大学67,500円/月額

無利子

 

技能習得資金

 

自ら就労のために必要な知識・技能の習得をするための経費

  68,000円/月額

無利子
※有利子の場合もある

修業資金

扶養する児童が就労のために必要な知識・技能を習得するための経費

  68,000円/月額

無利子

 

就職支度資金

 

就職するために直接必要とする被服・履物などの経費

 100,000円

無利子
※有利子の場合もある

医療介護資金

医療又は介護をうけるために必要な経費

 340,000円

無利子
※有利子の場合もある

生活資金

失業中などの生活を安定・継続するために必要な生活補給資金

 103,000円/月額

無利子
※有利子の場合もある

住宅資金

住宅を建設・購入改善・増築等するための経費

1,500,000円

無利子
※有利子の場合もある

転宅資金

住宅を移転する際に住宅の賃借に必要な経費

 260,000円

無利子
※有利子の場合もある

就学支度資金

就学、修業するために必要な被服などの購入の経費

  40,600円

無利子

結婚資金

母子家庭が扶養する児童または寡婦が扶養する20歳以上の子の婚姻に必要な経費

 300,000円

無利子
※有利子の場合もある


●問い合わせ先
保健福祉部こども・子育て応援室子育て支援課 電話:0165-23-3121(内線2117)

  

お問い合わせ

保健福祉部こども・子育て応援室子育て支援課
代表: 0165-23-3121(内線2117)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?