本文

応急手当

応急手当などの基本的な知識と手順を紹介します。

 

  応急手当について

 

■  応急処置とは

 

 

   応急処置とは負傷や急病に対してのさしあたっての手当てのことを指します。
厳密にいえば応急処置は救急隊員が行なう行為と定義されているため、一般市民が行なうものは 応急手当と呼ぶことになっています。
 また、広義的な意味では、応急処置(手当て)に止血法や心肺蘇生法なども含まれますが止血法や心肺蘇生法に関しては現在では 救命処置(手当)と呼んで、より緊急性が高いため、応急処置とは区別されています。

応急処置マニュアル

 

1 心肺蘇生の流れ

2 止血方法

救命の連鎖

 心臓が止まってしまうような状態の時には、救急手当はもちろん、救急車をすぐに呼ぶことや救急救命士による除細動(電気ショック)、救急救命センター等による高度な医療が、スムーズな連携プレーで行われる

3 小児の事故に対する応急手当

 

 ことが救命のためには必要です。このことを救命の連鎖といいます。この連鎖が一つでも欠けたら命を助けることは出来ません。

 

 

■  普通救命講習・一般救急講習

 士別消防署では、市民を対象にした救命講習を実施しています。

 この講習は、突然心肺停止になった方に最低限の応急手当を行い救命率の向上を計ることを目的としています。

 普通救命講習とは救急隊が到着するまでの間にできる応急手当のうち、AEDの使用、成人に対する 心肺蘇生法止血法ができるようになることを目的とした講習です。講習時間は3時間で、修了者には「普通救命講習修了証」が消防本部から交付されます。

 一般救急講習は 基本的な応急処置の仕方を柱とした講習をしますが、内容については外傷処置など希望にあわせて実施することが可能です。修了証は発行されませんが、講習時間も特別取り決めがないので、依頼者のタイムスケジュールにあわせて行うことができます。

 ちょっとした 職場、自治会などの集会安全大会などで実施している実績があります。

  随時受付けを行っていますので詳しくは消防署、各支署までお問い合わせください。

●申込み・問合せ→0165-23-2619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

お問い合わせ

総務部 企画課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?