トップページ > 市政・組織情報 > 政策・計画 > 総合計画 > 士別市総合計画(平成20年度から29年度) >士別市総合計画策定審議状況(士別市振興審議会)
トップページ > 市政・組織情報 > 各種委員会・審議会 >士別市総合計画策定審議状況(士別市振興審議会)
本文

士別市振興審議会(総合計画)

士別市振興審議会
振興審議会の開催状況
 新市総合計画の策定に当たっての「士別市振興審議会」の開催状況をお知らせします。
【平成19年度の振興審議会(全体会議・専門部会)の開催状況】
月日 時~ 会議の種別 主 な 議 題 会  場
3月24日 13:30~

全体会議

士別市議会における「士別市総合計画」の審議経過

市民文化センター研修室

11月30日 15:00~ 全体会議

基本構想・基本計画(案)の確認、審議会答申、ほか

生涯学習情報センター視聴覚室

11月14日 13:30~ 全体会議

基本計画等の修正、重点プロジェクト、予定事業、
答申案、ほか

市民文化センター研修室

10月19日 15:00~ 全体会議

基本構想(実施計画期間、重点プロジェクト)、
基本計画、予定事業、ほか

市民文化センター研修室

10月19日 13:30~ 総務文教部会

基本計画と予定事業について(2)

市民文化センター 会議室1

10月19日 13:30~ 民生福祉部会

基本計画と予定事業について(2)

市民文化センター 会議室3

10月19日 13:30~ 経済建設部会

基本計画と予定事業について(2)

市民文化センター 会議室2

10月11日 13:30~ 総務文教部会

基本計画と予定事業について(1)

市役所委員会室

10月10日 13:30~ 民生福祉部会

基本計画と予定事業について(1)

市役所  会議室202

10月9日 13:30~ 経済建設部会

基本計画と予定事業について(1)

市民文化センター 会議室2

7月30日 10:00~ 経済建設部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(2)

市民文化センター 会議室2

7月26日 13:30~ 民生福祉部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(2)

市役所 来賓室

7月25日 10:00~ 総務文教部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(2)

市民文化センター 会議室2

7月2日 13:30~ 経済建設部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(1)

委員会室

6月27日 13:30~ 民生福祉部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(1)

市民文化センター 会議室3

6月26日 10:00~ 総務文教部会

基本計画(基本的方向、主要施策等)について(1)

市民文化センター 会議室2

5月23日 13:30~ 全体会議

基本構想について、将来人口について、ほか

市民文化センター 研修室

4月26日 13:30~ 民生福祉部会

現状と課題について(3)、基本構想について(2)

市役所 会議室202

4月24日 13:30~ 総務文教部会

現状と課題について(3)、基本構想について(2)

市役所 会議室202

4月19日 18:00~ 経済建設部会

現状と課題について(3)、基本構想について(2)

市役所 来賓室


平成19年度 第5回士別市振興審議会
   士別市議会における「士別市総合計画」の審議経過ほかについて報告
 
 第5回士別市振興審議会が、平成20年3月24日に市民文化センターで開催され、これまでの総合計画の審議経過や市議会総合計画審査特別委員会の質疑通告及び質問要旨、同委員会での修正意見などについての報告が行われました。
  この日の協議内容については次のとおりです。

 1.士別市総合計画について     
  (1)士別市議会における「士別市総合計画」の審議経過について
  (2)士別市総合計画審査特別委員会質疑通告及び質問要旨について
  (3)士別市総合計画審査特別委員会での修正等について
平成19年度 第5回士別市振興審議会写真 
 2.平成20年度士別市予算について
 3.各種個別計画の策定状況について
      
 終わりに、今年度最後の審議会であり、また委員の任期満了を迎えることを含め、今井会長並びに市長からあいさつが行われました。

平成19年度 第4回士別市振興審議会
   
  審議会答申を市長に手交
 第4回振興審議会が、11月30日午後3時から、生涯学習センター「いぶき」(視聴覚室)で開催され、これまでの審議経過や基本構想及び基本計画の最終案を確認し、今井会長から田苅子市長に「答申書」が手渡されました。

 
今井会長の開会挨拶に引き続き、事務局から次の3件について報告が行われ、確認が行われました。
平成19年度 第4回士別市振興審議会写真上
  報告(1) これまでの総合計画の策定経過について
  報告(2) 市議会議員協議会について
  報告(3) 小中学生の作文・絵画・壁新聞コンクール審査結果について
 
 議事では、これまでの審議経過を踏まえてまとめられた基本構想・基本計画の最終案と答申内容についての確認が行われました。その後、「答申書」の手交が行われ、田苅子市長からこの間の調査・研究及び審議に対するお礼の挨拶が述べられました。(なお、答申書の内容は、次のPDFファイルをご参照ください。)
平成19年度 第4回士別市振興審議会写真左

平成19年度 第3回士別市振興審議会
   市長と語る会での意見を踏まえ、基本計画を修正

 今年度の第3回士別市振興審議会(全体会議)が、11月14日、市民文化センターで開催されました。
 この日は、「まちづくりワークショップ」のメンバーから8名のみなさんのオブザーバー出席をいただいての開催となりました。事務局からの「市長と語る会」での意見などについての報告に引き続き、まちづくりワークショップのメンバーを代表して、田代さんからワークショップとしての取り組みの報告を兼ねたご挨拶をいただき、その後、議題にそって検討・審議を行いました。
 この日の審議内容については次のとおりです。
1.総合計画(素案)に対する意見に基づく修正等について
 (1)審議会委員の意見に基づき修正を行う内容
   消防の広域化への対応(記述の追加)
   携帯電話の通話エリアの拡大(記述の追加)
   子育てにおける幼児教育と保育・義務教育の連携(記述の追加)
 (2)市長と語る会での市民のみなさんからの意見に基づき修正を行う内容
   食育や地産地消についての一層の積極的取り組み(記述内容の補強)
 (3)朝日合併特例区からの意見に基づき修正を行う内容
   体験交流工房と既存の農産加工施設との連携(記述内容の補強)
2.重点プロジェクト
   プロジェクト内容の確認
3.予定事業
   主な予定事業(244事業)の精査と事業の追加(この結果、事業数は276事業)
4.審議会答申(案)について
   基本的内容の確認
5.小中学生の作文・絵画・壁新聞コンクールの審査
   各委員の投票による審査を実施 
平成19年度 第3回士別市振興審議会写真左
平成19年度 第3回士別市振興審議会写真右

平成19年度 第2回士別市振興審議会
   計画の素案を審議

 10月19日、今年度の第2回振興審議会(全体会議)が、前段の各専門部会に引き続き開催されました。
 
事業報告としては、これまでの各専門部会での審議経過について、それぞれ担当事務局から報告が行われたほか、まちづくりワークショップからの提言についての説明が行われました。
 議事では、計画前文、基本構想、基本計画、予定事業などについて、事務局の提案に基づき審議しました。それぞれ、審議については、次のとおりです。
 1.計画の前文である「はじめに」の内容について
  市民憲章、都市宣言、わがまちの個性について追加するものとする。

 
2.「基本構成」について
  
実施計画については、3年のローリングとする。
  基本目標、計画の体系について、事務局案で了とする。

  
重点プロジェクトを次のとおり設定する。
  ●こだわり交流プロジェクト
  ●いきいき健康プロジェクト
  ●すくすく子育てプロジェクト
  ●さわやか環境プロジェクト
  ●はつらつ産業プロジェクト
 3.「基本計画」「予定事業」について
   専門部会での検討結果を踏まえた内容をもって、現段階での素案とする。
  このほか、小中学生の作文・絵画・壁新聞コンクールの審査や今後の審議会の進め方などについて決定されました。

専門部会での審議経過
   
基本計画について審議を重ねる
  
 振興審議会では、6月からこれまでの4回の各専門部会を開催し、基本計画についての審議を行ってきました。
 各部会では、基本計画における施策の基本方向や体系、内容、予定事業などについての検討を深めるため、庁内策定本部の代表幹事(次長職)同席のもとで多くの意見交換を重ねてきました。それらの経過や結果を踏まえて、10月19日の各専門部会段階で一定の確認を行い、同日開催された全体会議において経過報告とともに、内容の確認を行いました。

平成19年度 第1回士別市振興審議会
   基本構想の骨格決まるー「地域力」をキーワードに

 平成19年度の第1回振興審議会は、4月下旬に開催された専門部会を踏まえ、5月23日に市民文化センター研修室で開催されました。
 報告事項として、この間の専門部会での議論経過とまちづくりワークショップでの意見交換の状況について、事務局からの報告が行われました。

 
議題には、計画の名称について、基本構想(基本理念・サブテーマ)について、将来人口について、小中学生の作文・絵画等の募集についての4件が供され、それぞれ審議が行われました。
 この結果、まず、計画の名称については「士別市総合計画」とすることが決定されました。
平成19年度 第1回士別市振興審議会写真上
 次に、基本構想における基本理念として、「地域力を高め、地域力で進めるまちづくり」と設定することとし、この地域力を高めていくため、特に「市民(人の力)」、「連携(輪の力)」、「地域資源(地の力)」、そして「交流(絆の力)」の4つの要素を重視するものとしました。(「地域力」とは、「地域の構成員である市民が、自ら地域の現状を認識し、互いの連携と地域資源の活用のもとに、自立的に地域の課題の解決や地域の価値を創造していく力」を表します。)
 
また、めざす都市像実現に向けたサブテーマを、「いきいき のびのび 地域の力でまちづくり」とすることとしました。「いきいき」ということばについては市民アンケートの結果から、多くの市民がまちの活気や活力が不足していると感じていると同時に、人もまちもいきいきとしていることを願っていることに由来しています。また、「のびのび」については、中高生アンケートの結果から、青少年の抱いている本市のプラスイメージとして、落ち着きやあたたかさ、親しみのほかに、「のびのびしたまちである」と感じていることから、こうしたプラス要素をさらに高めていこうとの思いによるものです。こうしたなかで、地域の力(=前述の地域力)によって、めざす都市像の実現を図っていこうとするものです。
平成19年度 第1回士別市振興審議会写真
 このほか、将来人口については、定住人口に交流人口を加味した想定人口をもって、計画策定の基準人口とするものとし、計画初年度から10年後の平成29年における定住人口を20,000人と推計(国立社会保障・人口問題研究所推計)、交流人口を1,000人と推計(市企画課による推計)するなかで、想定人口21,000人とするものとしました。
 
今後は、これらの基本構想(基本理念等)や人口推計に基づきながら、基本計画の策定作業をすすめていくこととなりますが、特に施策や事業等の検討については、専門部会を中心として議論を深めることを確認しています。
 なお、未来を担う青少年にわがまちの将来を考えてもらう機会として、小中学生の作文・絵画・壁新聞等の募集を市との共催により実施することとなりました。

第3回専門部会(平成19年度 第1回専門部会)
   
各専門部会で議論を深める・・・基本構想(基本理念など)

  振興審議会の第3回専門(平成19年度第1回)がそれぞれ開催(経済建設部会=4月19日午後6時から市役所来賓室、総務文教部会=4月24日午後1時30分から市役所会議室202、民生福祉部会=4月26日午後1時30分から市役所会議室202)され、本市の現状課題や基本構想に向けた議論が深められました。
 現状と課題については、市役所庁内の策定本部においてまとめられた内容についての確認が行われ、各部会とも、提案どおりの内容で了承されています。また、基本構想については、「まちづくりの基本理念」、将来像(=天塩の流れとともに 人と大地が躍動する すこやかなまち)実現に向けた「サブテーマ」、「計画の名称」などについての議論が交わされ、原案を一部修正する形で事務局で内容を整理することとなりました。
 第6回の振興審議会(全体会議)は、5月下旬に開催が予定されており、このなかで、基本構想の内容等について決定される見込みです。

平成18年度 第5回士別市振興審議会
   基本構想などについて審議ー専門部会でも意見交換
平成18年度 第5回士別市振興審議会写真
 
 第5回士別市振興審議会が、3月29日、市役所会議室で開催され、全体会議と専門部会で意見交換が行われました。
 全体会議では、はじめに(1)本市の財政状況と財政推計について、(2)市立病院の経営計画について、(3)前回の各専門部会での議論経過について、(4)まちづくりワークショップによる意見集約と提案についての報告を受け、質疑が行われました。その後、議題として、総合計画の前文に当たる本市の概要のまとめと基本構想について、事務局からの提案に基づき意見交換が行われました。
 専門部会においては、民生福祉部会では前回の議論に引き続き現状と課題についての審議や基本構想についての意見交換が交わされ、合同会議として開催された総務文教部会と経済建設部会では、基本構想についての意見交換が行われました。

平成18年度 第4回振興審議会
   本市の現状と課題、基本構想の骨格などについて審議ー専門部会も開催
 第4回振興審議会は、2月16日に市民文化センターでされました。この日は、午後1時から役員会(正副会長・正副部会長会議)を行い、1時30分から全体会議、さらに各専門部会が順次開催されました。
 全体会議では、次の4件について、事務局から報告が行われました。
 (1)市長と語る会・行政懇談会について
 (2)まちづくりワークショップについて
 (3)わがまち創造セミナーについて
 (4)市民アンケート調査報告書について
また、議題には次の3件が供され、審議が行われました。
 (1)基本構想の骨格と施策の大綱(案)について
 (2)現状と課題について
 (3)将来人口について
平成18年度 第4回振興審議会
 さらに、現状と課題については、引き続き開催された専門部会において、庁内策定本部の代表幹事・幹事(次長・課長)も同席するなかで、各部門ごとの検討・協議が行われました。

平成18年度 第3回振興審議会
   旧市町の総合計画の検証、市民アンケート調査結果(速報)について、など
平成18年度 第3回振興審議会写真
 第3回振興審議会は、10月30日(月)午後1時30分から、市役所会議室301・302で開催されました。
 計画策定本部事務局からは、策定作業状況をはじめ、旧両市町の総合計画(第4次士別市総合計画、第3期朝日町総合振興計画)の検証について、さらに「馬ちづくりワークショップ」の実施などについて報告があり、「市民アンケート調査の結果(速報)」についてのほか、「市町と語る会・朝日地区行政懇談会」などの市民の意見聴取機会について、基本構想の構成について、正副部長会議の開催についてなどが審議されました。
 基本構想の構成については、合併にあたって策定された「新市建設計画」を基に組み立てた事務局(案)について了承が得られ、これに基づいて、今後の作業が進められることになりました。
  次回の会議は、正副部会長会議及び専門部会別会議を含め、12月に開催される予定です。

平成18年度 第2回振興審議会
   専門部会を構成、市民アンケート調査について精査

 第2回士別市振興審議会は、8月24日(木)午後1時30分から市役所会議室301・302において開催され、専門部会構成が決定されたほか、市民アンケート調査の実施について審議が行われました。
 専門部会は、「総務文教」「経済建設」「民生福祉」の3つで構成され、それぞれの所掌事項についての調査・検討を進めることになります。また、「市民アンケート調査」については、調査項目の精査を行い、9月下旬までを期間に実施することが決定されました。 
平成18年度第2回振興審議会写真

平成18年度 第1回振興審議会
   
市長が士別市振興審議会に総合計画策定を諮問
  
 平成18(2006)年6月29日(木)、市民文化センター研修室において、第1回士別市振興審議会を開催しました。
 この席上、「新市総合計画」の策定に伴う諮問がなされ、市長から今井忠則会長に諮問書が手渡されました。さらに、事務局から「新市総合計画策定方針」などの説明が行われ、新市総合計画の策定作業が本格的に始まりました。

 新市総合計画策定方針(要旨)
 1 新市総合計画策定の趣旨
   新生「士別市」のまちづくりの基本計画であり、まちづくりの基本方針となる
 2 新市総合計画策定の基本姿勢
   大きな変革の時代、融和と一体感の視点、整合と実現性の視点など、6つの視点を踏まえ、市民参加、市民参加による計画の策定を目指す
 3 新市総合計画の役割
 4 新市総合計画の構成と期間
   基本構想・基本計画・実施計画からなり、平成20(2008)年度~29(2017)年度を期間とする
 5 策定体制
   総務文教部会・民生福祉部会・経済建設部会の専門部会を設置し、それぞれに委員を配置し、庁内組織のワーキングチームと作業の一体性を持つ
 6 策定スケジュール
   平成18年度・平成19年度の2ヵ年で策定するものとする
市長から今井会長へ諮問書を手渡す
 
士別市振興審議会委員名簿
役 職 氏    名 所属部会 部会役員 備  考
会 長 今 井  忠 則

総務・文教

   
副会長 坂 本  勝 己 民生・福祉    
委 員 千 葉  道 夫 総務・文教 部会長  
藤 田  幸 子 総務・文教 副部会長  
福 岡  亮 二 総務・文教    
谷      温 恵 総務・文教    
三 野  一 寿 総務・文教    
服 部     良 総務・文教    
大 岡  正 喜 経済・建設 部会長  
大 西     陽 経済・建設 副部会長  
太 田  晃 司 経済・建設    
五十嵐  紀 子 経済・建設    
下間山     一 経済・建設    
上 北  利 直 経済・建設    
小 池  暢 子 民生・福祉 部会長  

山 田  敦 久

民生・福祉

副部会長

 

山 本  栄 一

民生・福祉

 

 

菅 原  信 一

民生・福祉

 

 

波多野  清 美

民生・福祉

 

 
田 西     勇 民生・福祉   公募

●総合計画策定本部事務局●
総務部企画振興室企画課/朝日総合支所地域振興課
TEL 23-3121内線2232/28-2121
FAX 22-1934/28-3678
E-mail  masterplan@city.shibetsu.lg.jp
  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?