トップページ > 事業者向け情報 > 商工業 >中小企業振興条例
本文

中小企業振興条例

士別市では、中小企業経営の安定と振興を図るため、各種助成事業や低利な融資制度を設けています。

ダウンロードファイルをご参考のうえ、お気軽にお問い合わせください。

※助成金の申請につきましては、申請期日が定められておりますので、事業に着手する前に、一度ご相談願います。

 

助成事業

事業内容

高度化事業

・生産、加工、販売、購買、運送、検査等の事業に関

   する施設を設置した場合

・市民の利便性を図るための、街路灯、駐車場等を設

   置した場合

・景観統一を図るための共通の看板、店舗デザイン等

   の工作物を設置した場合  

新製品開発事業

・工業新製品の開発をする場合

地場産品開発事業

・本市地域において生産される産物を主原料として新

   製品を開発する場合

技能者養成事業

・職業訓練施設等を設置した場合

・職業能力開発促進法に基づく、職業訓練指導員試験

   及び技能試験に合格した場合

従業員福利厚生事業

・福利厚生施設を設置した場合

・退職金共済制度に事業所として新規に加入する場合

商店街活性化事業

・商店街イベントや地域産業関連イベントを開催する

   場合

・コンサルタントに、環境改善や商業活動の活性化を

   図るためのアドバイスを受けた場合

・空き店舗を活用し、卸売、小売業、飲食業、サービ

   ス業等を営業した場合

・100万円以上の店舗改修を、市内業者に限定し実施

   した場合

人材育成研修事業

・10時間以上の事業所外研修に従業員を派遣し訓練を

   受講した場合

(平成28年度の対象拡大により該当となった研修につ

  いては、下記ダウンロードファイルをご確認くださ

  い。)

 ・中小企業大学校に従業員を派遣し、教育訓練を受講

    した場合

 

※平成30年4月1日より、個人の資格取得について

   も、中小企業者等が費用を負担するものは、助成の

   対象となりました。

認定職業訓練事業

・認定職業訓練を実施し、運営費等の経費を負担した

   場合

人材確保促進事業

・Uターン等就職者を雇用し、その際の面接旅費、移

   転費用、就職費用を負担した場合

雇用奨励促進事業

・常用労働者(障害者も含む)を新たに雇用し、雇用

   人数が拡大した場合

・障害者を新たに短時間労働者として雇用したことに

   よって、障害者人数が拡大した場合

新規開業等支援事業

・新規開業又は新分野事業を展開し、新たに2人(うち

   1人は常用労働者)以上を雇用した場合

特別融資資金

・長期プライムレートと同率で、経営資金、設備資

   金、緊急経営安定資金を融資します。

・申込先は市内金融機関に限ります

特別融資資金の利子及び保証料の一部助成

・利子~50/100以内(補給上限2%)

・保証料~75/100以内

運転資金及び店舗改修資金

・長期プライムレートから0.2%減じた利率で運転資

   金、店舗改修資金を融資します

・申込先は士別中小企業相談所(商工会議所内)また

   は朝日商工会になります

運転資金及び店舗改修資金の利子の一部助成

・利子~50/100以内(補給上限2%)

 

  
ダウンロード
  

お問い合わせ

経済部 商工労働観光課

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?