トップページ > 市民向け情報 > ごみ・環境 > 環境 >地球温暖化対策の情報
本文

地球温暖化対策の情報

◎地球温暖化対策に関すること

●地球温暖化問題とは・・・

地球温暖化とは、大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが増加し、太陽からの日射や地表面から放射する熱の一部がバランスを超えて温室効果ガスに吸収されることにより温度が上昇する現象で、豪雨や干ばつなどの異常現象の増加、農業生産や水資源への影響等、私達の生活に大きな影響を及ぼすことが考えられます。

世界的にみてもこの問題が重要視されており、2007年6月6日から8日まで、ドイツで開催されたG8ハイリゲンダム・サミットにおいても、地球温暖化問題への取組が最重要課題の一つとして取り上げられました。

●地球温暖化対策の推進

1997年に地球温暖化防止京都会議が開催され、温室効果ガスを1990年ベースより6%削減するとの目標が定められた「京都議定書」が採択され、1999年には「地球温暖化対策の推進に関する法律」が施行されたことで地方公共団体は自らの事務・事業に伴う温室効果ガスの排出抑制に関する実行計画を策定し、温室効果ガス削減行動をするとともにその結果を公表することが義務づけられました。

 

士別市においても、2011年度までに6%の温室効果ガスを削減することを目的とした「士別市地球温暖化職員実行計画」を策定し、光熱費の軽減、廃棄物の減量化等といった温室効果ガスの排出抑制・削減に向けた取り組みを実施してきました。

2011年度の削減率の結果は、基準年比の5.36%と目標値である6%に近づいたものの、目標達成には至りませんでした。

 

今後、市では、新たな地球温暖化対策の計画の策定を準備中で、さらなる温室効果ガスの排出抑制・削減に向けた取り組みを実施します。

●温室効果ガス排出実績                                  (単位:t)

温室効果ガス

二酸化炭素

メタン

一酸化二窒素

ハイドロフル
オロカーボン

合計 削減率

2006年度

9,617

10,082

7

2

19,708

2007年度

9,712

9,875

6

2

19,595

2006年度比

▲0.57%

2008年度

9,117

9,638

7

2

18,764

▲4.79%

2009年度

10,085

9,306

7

2

19,400

▲1.56%

2010年度

10,060

8,800

8

2

18,870

▲4.25%

2011年度

9,742

8,899

8

2

18,651

▲5.36%


●温室効果ガスの削減目標値(5年間)

年度

2006年度

2007年度~2010年度

2011年度

削減率

温室効果ガス
総排出量(t)

19,708

19,708×6%=1,182削減

18,526

▲6.00%

※市民の皆様や各事業所等においても、地球温暖化対策への取り組み中とは存じますが、参考までに掲載しています。


環境家計簿について

わたしたちができる地球温暖化防止への取組みとして、日常生活の中で使用しているエネルギー使用量と金額を環境家計簿に記録することで、どれだけ地球環境に影響を与えているかを調べてみましょう!


  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?