トップページ > 市民向け情報 > 文化・芸術 >士別市の埋蔵文化財
本文

士別市の埋蔵文化財

 

 建設・土木工事等の計画をしている場合、その事業計画地における埋蔵文化財の有無及びその取り扱いに関する照会をお願いしております。また、土木工事等の開発を行う目的で「周知の埋蔵文化財」の範囲内を掘削・建築などしようとするときや新たに遺跡と認められるもの(土器・石器などの出土)を発見したとき等は、現状を変えることなく、定められた様式により届出をする必要があります。
照会の受付は、社会教育課にて行っております。遠方・緊急の場合は電話・FAXなどによる照会も可能です。(照会地点の特定が困難な場合は、窓口に来ていただく事もあります。)

 

 

 

土木工事等に伴う埋蔵文化財保護の流れ
埋蔵文化財届出事務の流れ
上図のなかの様式はダウンロードできます。

 

 

士別市の埋蔵文化財包蔵地分布図
士別市の埋蔵文化財包蔵地は46箇所(平成19年6月現在)あります。箇所は下図のとおりです。
また、図の番号の詳細は、図下の表に掲載しています。
士別市の埋蔵文化財包蔵地分布図
より詳細な埋蔵文化財の包蔵地の箇所は次のリンク先で確認できます。
包蔵地の詳細については、次のPDFデータをご覧ください。

 

  

お問い合わせ

教育委員会社会教育課
代表: 0165-23-3121(内線3241)    Fax: 0165-23-4281   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?