本文

新市建設計画

 

新市建設計画

 合併後の新しいまちづくりを進めていくためには、地方分権の進展や厳しい経済動向、財政状況など、直面する課題を踏まえつつ、合併による前向きな力を活かして行くことが重要です。
旧士別市と旧朝日町は、それぞれの持つ個性や特徴を活かしながら、相互連携の下にまちづくりを進めてきた地域です。両地域ともに、豊かな水や肥沃な大地など恵まれた自然環境を有しており、新市においては、こうした貴重な財産を大切にしながら、有効に活用することを機軸にすべての市民の英知と力を結集し、新しいまちづくりに取り組んでいくことが求められます。
このようなことを踏まえ、新市の将来像やまちづくりの基本目標、地域の発展方向などをまとめたのが「新市建設計画」であり、平成17(2005)
年度から平成32(2020)年度までを計画期間としていましたが、「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律」が平成30(2018)年4月に改正・施行されたことに伴い、計画期間を平成37(2025)年度までの5年間延長しました。

建設計画新市建設計画(平成17年度~平成37(2025)年度)
(ファイルサイズの大きいものは、ダウンロードしてからご覧いただくことをお勧めいたします。)

  0 表紙・目次・序章(139KB)(PDF文書)

  0 第1章 合併の必要性(233KB)(PDF文書)

      0 第2章 新市の概要(1MB)(PDF文書)

  0 第3章 新市のまちづくりの基本方針(683KB)(PDF文書)

  0 第4章 新市の重点的取り組み事項(109KB)(PDF文書)

  0 第5章 新市の主要施策(519KB)(PDF文書)

  0 第6章 公共施設の基本的考え方(71KB)(PDF文書)

  0 第7章 新市における北海道事業の必要性(93KB)(PDF文書)

  0 第8章 財政計画(96KB)(PDF文書)

 

 

  

お問い合わせ

総務部 企画課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?