トップページ > 市民向け情報 > ごみ・環境 > 環境 >石綿(アスベスト)に関する情報
本文

石綿(アスベスト)に関する情報

◎石綿(アスベスト)に関すること
石綿(アスベスト)とは?
石綿(アスベスト)は、天然にできた鉱物繊維です。熱に強く、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリに強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っています。
石綿は、丈夫で変化しにくいため、吸い込んで肺の中に入ると組織に刺さり、15~40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすおそれがあります。
写真
どこに使用されてるの?
石綿の用途は3,000種と言われるほどに多いのですが、大きくは石綿工業製品と建材製品に分けられ、約20万トン(平成6年)使われており、その約9割は建材製品です。
昭和30年頃から使われ始め、ビルの高層化や鉄骨構造化にともない、鉄骨造建築物などの軽量耐火被覆材として昭和40年代の高度成長期に多く使用されています。
写真
(写真の建物は市内のものではありません)
石綿使用の確認方法は?
吹付け石綿が使用されている可能性のある建築物を解体する時は、建築物の所有者(あるいは解体事業者)は、建築物の解体前に吹付け石綿が使用されているか否かの事前調査を行う必要があります。
事前調査において、吹付け石綿使用の有無は、まず、建物の設計図書で調査します。建物の竣工年、吹付け石綿が使用された期間(昭和30年頃~昭和55年頃)、建物に使用されている吹付け石綿の商品名などから調査することができます。
設計図書で確認できない場合は、現場での目視調査を行うことになりますが、設計図書による調査、現場目視による調査は、あくまでも特定のための目安となる手法であり、また、施行から年数が経過している場合などは簡単に判定することは難しいため、専門の分析機関に依頼し、分析調査による判定を行うことが望まれます。
フロ-図
アスベストに関するホームページです。
アスベストに関する市役所の相談窓口

【アスベストに関する総合窓口】
 市民部環境生活課 内線2234
【健康に関する相談窓口】
 保健福祉部健康長寿推進室保健福祉センター 電話番号 22-2400
【建物に関する相談窓口】
 建設水道部建築課 内線2323

 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?