トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 結婚・離婚 >本人確認の方法と本人確認書類
トップページ > 市民向け情報 > ライフステージと手続 > 引越し >本人確認の方法と本人確認書類
トップページ > 市民向け情報 > 戸籍・住民登録・印鑑 >本人確認の方法と本人確認書類
本文

本人確認の方法と本人確認書類

 諸証明などの際の本人確認については、虚偽の申請や不正な請求を防ぎ、個人情報を保護するため、戸籍法および住民基本台帳法の一部改正にもとづいて、平成20年5月1日から実施しているものです。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

本人確認書類一覧


 

・本人確認が必要となるのは、窓口へ来られた方(郵送請求の場合は請求者の方)となります。
・マイナンバーの通知カードおよび一般の方が購入する定期券や各種販売店が発行するポイントカード、メンバーズカードは本人確認の書類に含まれません。
いずれの証明書も、有効期限が切れたものや、失効したものは使用できません。


 

1点でよいもの
( ※全て顔写真付きに限ります。)

2点必要なもの


・運転免許証
・パスポート
・マイナンバー(個人番号)カード
・住民基本台帳カード(写真付き)
・身体障害者手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
・旧外国人登録証(在留カード及び特別永住者証
明書とみなされるものに限る)
・官公署が発行した免許証、許可証若しくは資格証明書及び本人に発行した身分証明書


 

・健康保険証
・後期高齢者医療被保険者証
・住民基本台帳カード(写真なし)
・年金手帳
・年金証書
・ひとり親家庭等医療費受給者証
・重度心身障害者医療費受給者証
・介護保険被保険者証
・敬老バス乗車証
・学生証
・社員証
・社団法人が発行した国家資格証
・本人名義の預金通帳やキャッシュカードなど基本的に本人しか持ち得ない証明書


郵送請求の際の注意点


 上記のうち、運転免許証や健康保険証など送付先の住所が確認できる書類1点のコピーを同封してください。パスポートや顔写真が付いていない住民基本台帳カード等は、住所の記載がないので本人確認書類になりません。

 また、原則的に本人確認書類に記載された住所に返送いたします。その他の住所へ返送する場合は、返送先の住所が確認できる書類が必要になりますのでご注意ください。

  

お問い合わせ

市民部 市民課 戸籍住民担当
代表: 0165-23-3121(内線2102・2104)   

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?