トップページ > 観光情報 > 士別市の紹介 > 交流都市 > みよし市 >友好都市 愛知県みよし市
本文

友好都市 愛知県みよし市

 
三好町章
友好都市
愛知県みよし市
 士別市と愛知県みよし市(旧三好町:平成22年1月4日市制施行)は、自動車関連企業の立地という縁で、平成12(2000)年10月6日に「友好都市」提携を結び、本年(平成22年)、10周年の記念の年を迎えました。
 
 この記念として、本年8月には、「士別産業フェア」や「記念セレモニー」に久野市長をはじめとするみよし市のみなさんが来市されました。
 10周年の記念品として、みよし市からは、特産品の「梨50箱」が士別市民のみなさんにプレゼントされ、士別市からは、みよし市のケーブルテレビで放送するシリーズ番組(年間4回)「四季遊彩(北海道・士別ナビ)」をお贈りすることとし、その目録を交換しました。
 

久野みよし市長のごあいさつ

両市町による記念品目録の交換

梨50箱を士別市民に抽選でプレゼント
 
 
 みよし市は、愛知県のほぼ中央、名古屋市と豊田市の中間に位置し、総面積は32.11平方キロメートル、人口約58,000人の緑豊かな文化都市です。
 2004年には、世界カヌーポロ選手権大会が開催されるなど、各種スポーツが盛んに行われています。
 また、「アートのある暮らし」をテーマに街角や公園などで自然と調和のとれた芸術作品に触れることができます。
 みよし市とは毎年、少年サッカー、少年野球などのスポーツ交流、よさこいへ合同チームでの参加や産業フェスタなどのお祭り参加交流を通じて、友好を深めています。
みよし市位置図
 
三好町役場庁舎の外観
「みよし市役所庁舎」
 
いいじゃん祭りの様子
「いいじゃん祭り」

 

  

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?