トップページ > 事業者向け情報 > 畜産業 >士別市の畜産
本文

士別市の畜産

◆士別市の乳用牛

 士別市では、現在約5,000頭の乳用牛が飼養されています。

 乳用牛は、生乳(牛乳やバター等の原料)を搾るための牛で、畜産農家で飼養されている牛のほとんどが雌牛であり、年間生乳生産量は、24,000~25,000tとなっています。

 エサは、約3,000haの粗飼料畑で作付されている牧草やデントコーン(とうきびの仲間)が主であり、乾草やサイレージとして与えられています。

 ふん尿は、粗飼料畑や近隣の耕種農家の農地への堆肥や肥料として、有効に活用されています。

 飼養戸数は年々減少傾向ではありますが、TMRセンターや飼料コントラクター、哺育育成センター等による酪農経営の分業化や経営規模の拡大等により、1戸当たりの飼養頭数は増加しています。今後においては、酪農ヘルパーや公共牧場等の有効利用、搾乳ロボット等の最新設備の導入により、省力的かつ近代的な生産体系の確立を目指しています。

乳用牛戸数グラフ乳用牛飼養頭数グラフ

【酪農経営に関する地域の支援組織】

◇北ひびき酪農ヘルパー利用組合 ~酪農家の安定的な休暇の確保や傷病時等の労働力の補完により、ゆとりある酪農経営に取り組んでいます。

◇北ひびき乳牛検定組合 ~乳用牛の資質改良や乳質改善等により経営の改善を図り、安全・安心な生乳生産、安定的な酪農経営に取り組んでいます。

◇有限会社ディリーサポート士別 ~「TMRセンター」として粗飼料収穫やTMR飼料を製造・供給するとともに、哺育育成牛を預託する「カーフセンター」により、良質な飼料生産や優良な乳用牛の育成と、労働負担の軽減を図っています。

◇ファームつむぐ ~有限会社ディリーサポート士別が運営する研修農場であり、酪農経営をめざす研修生の受入れを行っており、優秀な担い手の育成に努めています。(有)ディリーサポート士別に関する情報はこちら

◇大和牧場 ~本市の公共牧場であり、畜産農家から乳用牛や肉用牛を預託しています。5月~10月までの間、広大な牧草地に放牧することにより、畜産農家の労働力の軽減や牛の運動不足の解消に寄与しています。 

(有)ディリーサポート士別↓

デイリーサポート写真

 デントコーンの作付風景↓

デントコーン写真

 

◆士別市の肉用牛

 士別市では、現在約12,000頭の肉用牛が飼養されています。
 肉用牛は、食肉とするための牛であり、品種は様々ですが、士別市で最も多く飼養している品種は乳用種(ホルスタイン種の雄牛)です。
 ホルスタイン種の雌牛は、乳用牛として生乳を搾るために飼養されていますが、雄牛は去勢し肉用牛として肥育されます。
  このほか、肉専用種(黒毛和種や褐毛和種等)、交雑種(乳用種と黒毛和種の間に生まれた牛=F1)も飼養されています。
 肉用牛飼養頭数グラフ            
【肉用牛経営に関する地域の支援組織】
めぐみ野士別 ~市内の肉用牛の家畜排せつ物を原料に年間約16,000t完熟堆肥を生産しています。これにより、家畜排せつ物の適正な処理や、耕種農家への良質な堆肥の計画的な生産・供給に寄与しています。(運営:北ひびき農業協同組合)
↓めぐみ野士別外観
めぐみ野外観
↓攪拌装置による堆肥の製造
めぐみ野施設内
 

◆士別市の豚

 士別市では、現在約8,000頭の豚を飼養しています。
 そのほとんどは「ハイブリッド豚」と呼ばれる複数の品種・系統から作り出した肉豚であり、強健性・生産性に優れ、高品質な肉質を持つ豚です。
 また、あらかじめ指定された病原菌をもっていない健康な豚(=「SPF豚」)として、安全・安心な豚肉を生産し、スーパーや食肉加工所等に販売しています。

 

 

◆士別市の馬

 士別市では、現在約50頭の馬を飼養しており、その全てが農用馬(ペルシュロン等)とポニーです。  

 農用馬は、牽引力に優れたばんえい馬として育てられているほか、食肉用の肥育馬としても飼養されています。

 また、ポニーは、体が小さく愛くるしいことから、愛玩動物として飼養されています。

ポニー写真 

 

◆士別市の鶏

 市内で使用されている鶏のほとんどは、卵を出荷するための採卵鶏で、約700羽が飼養されています。

鶏写真

 

◆士別市のめん羊

 士別市では、「サフォーク」をまちのシンボルに「サフォークランド士別」としてまちづくりを進めています。

 現在約900頭のめん羊を飼養しており、そのうち約9割はサフォーク種のめん羊です。

 昭和42年に初めてオーストラリアからサフォークを輸入してから、士別市めん羊牧場を中心として生産体制を整備し、めん羊振興を図ってきました。

 サフォークは、ノーフォークホーン種にサウスダウン種を交配して作られた大型の肉用種であり、早熟早肥で産肉に富み、良質なラム肉生産に優れています。士別市では、市内で生産したラム肉を「士別サフォークラム」として全国各地に広く普及しています。歯ごたえがしっかりとし、適度にサシが入ったラム肉で、柔らかく、美味しく食べやすいと皆さんから賞賛をいただいています。

 また、サフォークの羊毛はセーターやマフラーなど、皮は羊皮紙などの士別市の特産品として余すことなく活用され、6次産業化にも取り組んでいます。

 さらに、羊と雲の丘での「めん羊の放牧」や「世界のめん羊館」など、めん羊に直接触れることができる観光施設もあります。

めん羊飼養頭数グラフ

 

 

  

お問い合わせ

経済部 農業振興課

このページに対する皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

     

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

     

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?